悠遊・・・

徒然なるまま,四季折々の山野歩き備忘録。

三俣山(大分県)

2016-10-19 | 5.くじゅう連山
北峰側からのお鉢尾根と大船山

2016.10.14(金)曇り・中風。
当初は赤川登山口から久住山へのルート予定だったが地震の影響で登山道封鎖中の情報だったので前夜急遽変更。
鉱山道路から諏蛾守越のルートも自粛らしいが地震が発生しないことを願いつつの山歩。

諏蛾守越に着くと坊がつるからの風が強く寒い!
防寒服を着込み風に煽られながら西峰へ・・・。

曇り空だが遠望が効き祖母・傾や雲仙・英彦山等の山並を見ることが出来た。

お鉢の紅葉は幾分色付き掛けているが見頃はまだ先の様な感じ。
*急に冷え込めば早くなるかもしれないが10日~2週間先かなぁ~???

南峰での食事が丁度終わった時に諏蛾守越でお会いした方が坊がつるにテントを張り登ってこられた。

南峰から坊がつるへ木や草を掴みながら下ったが、ズルッと2回足がすべり『ヤバッ!』と思ったが何事も無く『ホッ』

坊がつるはリンドウが咲き誇り、草原に広がるススキは見応え十分!!!

行動時間(単独)
鉱山道路ゲート前 発6:32-16-登山口ー26-鉱山道路出合ー13-登山口ー24-諏蛾守越ー29-西峰ー
33-本峰ー34-北峰ー87-南峰(11:37~12:22)-57-坊がつるー60-雨ヶ池ー19-
分岐ー26-指山登山口ー12-着15:27
実行動時間:436分(7時間16分)  入山時間:8時間55分
概略行程図


鉱山道路のゲート  登山口分岐  鉱山道路出合
    

長者原(タデ原湿原)方面の展望


鉱山道路横のオブジェ???


地震による落石!  諏蛾守越分岐にも
  

諏蛾守越へ


万年山と英彦山


諏蛾守越の鐘は危険表示


西峰への途中からくじゅう連山を望む


西峰山頂  本峰山頂  北峰山頂   南峰山頂
      

西峰からの展望・黒岩山と右奥に涌蓋山


本峰から北峰の奥に由布岳を望む


細切れの秋色






南峰から坊がつると大船山の展望


坊がつるから三俣山を望む


坊がつるの草原と大船山


展望休憩所から望む坊がつると大船山


雨ヶ池から三俣山の展望


指山(自然観察路)分岐   鉱山道路出合
  

気持ち良い自然観察路


【今日の花】
アキノキリンソウ  ヤクシソウ?  ナギナタコウジュ
    

ヤマラッキョウ二色




ミヤマキリシマ


リンドウ


色付いた葉が傷んでいる

冷え込んで一気に紅葉して欲しい
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 由布岳(大分県) | トップ | 昭和の森から三郡尾根山歩(... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (けいこたん)
2016-10-20 21:55:11
ガッツリ、三俣山のハードなコースを歩かれたのですね。
南峰から下るなんてー。急斜面ですよね。
覗いたことだけあります。(≧∇≦)
帰り道が長く感じられませんでしたか?
こんなにハードだと、雨ケ池からが長〜い気がしてしまいそう。
紅葉が見頃のときはずっと晴れててほしいですね。
秋をもとめて・・・。 (悠遊・・・)
2016-10-21 16:24:07
 はい、指山分岐からの自然観察路を長~く感じました。
記憶では20分程だったのですが、変化の少ない路をテクテク歩き未だかまだかで疲れました。
*記憶違いで40分近く掛かっています。

その他は秋景色を求めてキョロキョロ、山歩を楽しみました。
南峰直登コースは登り利用が無難ですね。。。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む