自然・宇宙・地球・旅から人生を顧みる

自然や宇宙、旅が好きな私のブログです。色々な体験など、日々の出来事について日記風に綴ってみます。

メジロ飛ぶ

2017年01月30日 16時06分30秒 | 日記

  今冬は、多くのメジロが飛来してくる。見ていると、ビワの花やサザンカの花に群れて蜜を吸っているようだが、今日は畑の大根の葉やミズナの葉を食べていた。人間の様子を窺っているのか、私が玄関の引き戸を開けると一斉に飛び立つ。その数は2~30羽になるだろうか。「チー、チー」とか細く甲高い鳴声を響かせながら、飛来する。里山に食べ物が無くなっているのだろうか、それとも人間社会の近くの方が美味いものがあるのだろうか。このところ、飛来する姿を見ていると、何となく愛らしい。

 

 メジロは「スズメ目メジロ科メジロ属の鳥で全長約12 cm位、スズメよりも小さい。翼開長は約18 cm。緑がかった背と暗褐色の羽を持ち、雌雄同色。目の周りの白い輪が特徴であり、名前の由来ともなっている(なおメジロ科に属する鳥は英名でも "White-eye" と呼ばれ、また中国語名では「繡眼鳥」と呼ばれ、やはり名前の由来となっている)。室町時代からメジロの名で知られている。昔は「繡眼児」という漢字が用いられていた。日本で見られる野鳥の中では、ミソサザイ・キクイタダキに次いで最も小さい部類に入る小鳥である。

 私が小中学生のころは、“捕りもち”や“カスミ網”を持って里山でメジロを捕獲していたが、今は禁止され、飼育にも許可がいるようだ。でも、こうして窓から眺めている方が自然の移ろいが感じられて楽しい。明日も飛んでくるだろうか…。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福山市「自然みつめ隊ステッ... | トップ | 今日から2月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。