自然・宇宙・地球・旅から人生を顧みる

自然や宇宙、旅が好きな私のブログです。色々な体験など、日々の出来事について日記風に綴ってみます。

石鎚神社の例祭

2017年05月14日 17時40分44秒 | 日記・エッセイ・コラム

 真夏を思い起こさせるような暑い一日で、早朝から気温はグングンとうなぎ登り。長袖や、野球帽のような帽子では暑さが凌げない。

 9時から「石鎚神社の例祭」とのことで、少々早めに現地へ出向いた。

 ここでは初夏に「石鎚神社の例祭」を行い、秋に「金毘羅神社の例祭」が行われる。行くと「幟」が立ててない。何でも「石鎚神社の例祭」では、幟は立てないとのこと。開始時刻前には参加者は少なかったが、開始時刻の9時頃には三々五々と集まり始め、最終的には50名ほどの参加者となった。最初に神主の「祝詞」で例祭は始まったが、町内の方々は暑さにめげず、燦々と太陽が照り付ける中、首を垂れて聞き入っていた。

    

 途中で“お祓い”があり、皆さん神妙にそれを受けていた。

 例祭は30分で終了し、その後「お神酒」を頂き、粗品の「お菓子の詰合せ」を貰って散会した。例祭を実施するには「総代」「本当(1名)」「相当(2名)」の役回りがあるが、当番が当たった方々は準備が大変だったことだろう。次の“例祭”は、秋に行われる「金毘羅神社の例祭」である。

 終了後帰宅し、農作業にかかった。草を取り、キャベツの覆い(寒冷紗)を外し、トマトの苗を植え替えた。また、ピーマンやトマトに支柱を立てておいた。まだ、茄子に支柱を立て、カボチャの苗を移植しなければならないが、畑が空かない。梅雨入り前には済ませておきたいのだが…。

 13時半からプロ野球中継を見た。今日はカープが勝ち、夕食が美味しく食べられることだろう。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初めて花が咲く | トップ | 小畠グラウンド・ゴルフ場 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。