自然・宇宙・地球・旅から人生を顧みる

自然や宇宙、旅が好きな私のブログです。色々な体験など、日々の出来事について日記風に綴ってみます。

「御子神神社」の例祭

2016年11月20日 11時47分14秒 | 日記

 我が町内には3つの神社(社)がある。「石鎚神社」「御子神神社」「金毘羅神社」の3つである。それぞれが例祭を実施するが、その時期は5月・11月・3月となっている。今日はそのうちの「御子神神社」の例祭であった。3つともに小さな祠であるが、昔から住民が大切に祭ってきた歴史がある。神主は神辺町の神社からお越しいただく。

 2週間くらい前から「幟」が一対立てられていた。「例祭が近いのだろう」と思いつつ忘れていたら、本日がその日であった。「軽4輪のタイヤのローテーションを」と思って準備していたが、9時からの例祭に参加した。

    

 写真は「御子神神社」という小さな祠の全景と、2本の幟である。蹴とばせは今にも倒れそうなくらい古びているが、なかなか立て直すだけの予算が無い。3枚目は、神主が座り、例祭が始まったところである。例祭開始時点ではお参りされた住民は少なかったが、始まると三々五々と集まってきて、終わる頃にはかなりの参加者がいた。例祭は40分ほどで終わったが、その後雑談が始まった。それでも祭壇を片付けなければならないので、お神酒を頂いた方々は三々五々と帰って行った。次は3月の「金毘羅神社の例祭」である。3回の例祭に多くが参加してくる訳ではないが、当番が持ち回りで町内を回るので、初めて見る顔もある。今日も、初めて出会う方がお出でだった。昔のように町内に住まいする方々が集うような行事は、最近は皆無である。それだけに、同じ町内に住んでいてもお互いを知らず、疎遠な関係でしかない。昔の行事は、それなりの大きな役割を果たしていたのだ。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇宙少年団11月活動「タイム... | トップ | 来期の国民体育大会:広島県... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。