自然・宇宙・地球・旅から人生を顧みる

自然や宇宙、旅が好きな私のブログです。色々な体験など、日々の出来事について日記風に綴ってみます。

10月6日

2016年10月17日 12時50分19秒 | 日記

 ほぼ2週間前の出来事を回想する。今年も福山市の農林水産課から、「自然観察会」の講師を依頼された。最初の問い合わせが、「今年はどこでしましょうか」とのことだった。市内で自然観察の適所はいろいろあるが、今年は「山野峡と龍頭峡で」と回答しておいたところ、「それでお願いします」ということに。午前半日の事業なので、二日間にわたって山野峡と龍頭峡を半日ずつ散策することにした。それでも事前の打ち合わせも必要なので、6日(木)の午前中、凡そ3時間半で両方の下見をすることにした。

 最初に「山野峡ルート」をと、山野キャンプ場駐車場に9時半に集合した。予定では駐車場から約1km先の“紅葉橋”までを往復することにしていたが、行ってみると紅葉橋の先で土砂崩れがあるらしく、せわしく工事車両が行き来していた。ルートは一応「県道」ではあるが、幅員が狭くて車両が通過する時には気を使った。珍しい植物があるわけではないが、散策するには楽しい環境である。まだ紅葉には早すぎたが、一回目を実施する頃には楽しめる位に紅葉するのではなかろうか。このルートでは“ムクロジ”という植物が見られる。

この時節に収穫できる果実は熟すと黒い丸型の核となるが、これは昔私たちが子どもの頃には羽根突きの羽根の下部の玉として使われていた。「今は昔…」となってしまったが、記憶にある方もお出でだろう。ここを1時間余で終えて、次の観察地「竜頭峡」へ移動した。この散策路は遊歩道の終わるところに「竜頭の滝」という滝がある。この滝は約30mの高さがあり、以前は「ウナギの滝のぼり」が観察されたというが、これも「昔は…」である。結構な水量が年間通してあるので、水煙も多く湿度も高い。その環境下で「サルオガゼ」という“糸状の地衣類”が多く育ち、珍しい景観を成している。

 

ここも先の台風下で遊歩道の崩落があり、滝までは行けなかった。

 両方の場所の下見を終えたのは12時を回っていたが、目的を十分に達成できたので龍頭峡の駐車場で市の職員と別れて帰宅し、資料作りに入った。観察会当日の天候が良いことを期待している。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月早々 | トップ | 「全国連携団体長会議」の開催 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。