私の日帰り散策

写真でつづる山歩き、ドライブなどの日誌です。
最近は ギャラリー巡りをしています。

エルミタージュで 古布の花と布小物展

2017-04-05 14:17:30 | ギャラリー散策
 4月 5日(水)   天気:花曇り   室温:22.5℃

 きょうは 朝日谷のカフェ・エルミタージュへ 難波さんの ”古布の花と布小物展” を
見に行きました。 この辺りでも 桜が咲き始め 田の畔では レンゲも咲き始めていて
暖かく 春爛漫です。 カフェのカウンターには ヒメリュウキンカがありました。 本日の
コーヒーカップは 何だったのか・・・。 新聞に載っていた 麗人草を見ていて 確認する
のを忘れました。


 ヒメリュウキンカとは 漢字を当てると 「姫立金花」、山野の湿った草原や川沿いの林床など
湿り気のある場所に自生します。 大元のふるさとは イギリスですが ヨーロッパからシベリアに
かけて 広く分布している野草です。 葉は 暗緑色のハート形、春になると 花茎を伸ばして
表面に 光沢のある3~4cmの黄色い花を 次々と咲かせ、長いものでは 1ヶ月ほど 花を楽しむ
ことができます。
 花色は 黄色ですが 変化が多く、花や葉の異なる変種を選別して 栽培したり、品種改良によって
花色や大きさ、咲き方の違う 多くの品種が 存在します。 球根や 鉢花として 出回っている
ラナンキュラスとは 同属の仲間です。






      ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・




 。。。。。  。。。  。。。。。。。  。。。  。。。。。。。  。。。  。。。。。。。  。。。  。。。。。。。  。。。  。。。。  。。。。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歴史教室4月 歴史とロマン... | トップ | 好古園で 押絵と人形展 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ギャラリー散策」カテゴリの最新記事