私の日帰り散策

写真でつづる山歩き、ドライブなどの日誌です。
最近は ギャラリー巡りをしています。

さをり工房ゆう 20周年記念作品展 他

2017-03-17 14:15:32 | ギャラリー散策
 3月17日(金)   天気:晴れ    室温:17.7℃

 きょうは 姫路へ行きました。 いつものように 網干駅へ行きましたが 9:36の電車が
踏切のトラブルとかで 遅れが・・・。 遅れてきた 36分の電車に 乗りましたが 約20分
遅れで 姫路に着きました。 でも いつのも電車より 早く着いたかも・・・。 大手前公園
では あすから行われる ”ひめじ緑いち” の準備をしています。

 イーグレひめじの市民ギャラリーでは ”さをり工房ゆう 20周年記念作品展” と ”「新・
姫路城100景」 姫路城写真倶楽部2017写真展” と ”グローリー栄光会 総合作品展”
が行われています。 さをり工房の作品展には NHKが来て 撮影していました。 ひょっ
として 今日の夕方のローカルニュースで 放送されるかも・・・。
 中井三省堂画廊へ行くと ”ふでのなかま3回展” が行われていました。 山陽百貨店の
美術画廊では 石川紫草色(ムラサキイロ)の世界展” が行われていて 異様な雰囲気で
した。   最近 JRの時刻表が 変わったようですが 12:31の電車で 帰りました。

 イーグレひめじの市民ギャラリ-の第1、第2展示室では ”さをり工房ゆう 20周年記念
作品展” が行われています。 障害者福祉サービス事業所 「さをり工房ゆう」 の利用者
が 制作した さをり織や 絵画作品を展示。 20年の歩みの写真展示も。

 気付いてみると 20年が過ぎていました。 手柄のマンションの一室、スタッフ2名 メンバー
5名の小規模作業所からの出発。 「障がいのある人たちの感性の素晴らしさを 発信したい」、
「創作の喜びが そのまま仕事につながる作業所をつくりたい」 と さをり織りのみに 特化した
小規模作業所を 立ち上げ 毎年 毎年、 前進! 前進!!

 今の今まで 「開所したばかりの作業所」 だと 思い込んで 走ってきました。 気付いてみたら
20年。 今では メンバー26名、スタッフ15名。  また 無認可の小規模作業所から 障害者
福祉サービス事業所へと移行して 運営基盤も安定し すっかり中堅の事業所となりました。
 これもみな 20年の歳月、その時々に 出会ったいろいろな人たちが 「さをり工房ゆう」 と メ
ンバーを愛し 育ててくださったおかげだと 感謝の念で いっぱいです。
 ありがとうございました。  そして これからも よろしくお願いいたします。

 やはり 9時前のローNHKカルニュースで 放送していました。 映像なので キラキラ光る織物も
きれいに 映り 会場は やや暗い感じでしたが 明るく映っていました。
 下の6枚の写真は NHKニュース845の映像です。 テレビ画面を撮りました。






     ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・
 第4展示室では 姫路城写真倶楽部2017写真展 ”新・姫路城100景” が行われています。
こちらは きょうの新聞に 大きく載っていました。 姫路城写真倶楽部の初めての写真展。
 受付には 何度かお会いした女性が 座っています。 メンバーは 早朝に 城の写真を撮るう
ちに 顔見知りになった写真愛好家10人。 昨夏に 倶楽部を結成。 会場には 男山、名古山
などから撮影した 朝焼けや 夕焼け、雪景色など 四季折々の姫路城の写真 計156点が並ぶ。



 第3展示室では ”第4回 グローリー栄光会 総合作品展” が行われています。
ごあいさつ
 この度は グローリー栄光会 第4回 総合作品展に ご多忙の中 お越しいただきまして まこ
とに ありがとうございます。 グローリー栄光会は グローリー株式会社 退職者の会で 平成
20年に発足し 9年目を迎えます。 会員が 意欲旺盛に 創作活動に 取り組んだ作品を 展示
させて頂きました。 ごゆっくり観覧頂き 皆様方の忌憚のない ご批評・ご感想を お聞かせ頂
ければ 幸いに存じます。




 1階のカフェ・ゆうゆうゆうで 休憩して 中井三省堂画廊へ行きます。 画廊では ”えふでの
なかま3回展” をしています。 加古川市在住の画家・宮永哲夫さんが講師をする リビングカ
ルチャー倶楽部の絵画教室(加古川・姫路北教室) の生徒十数人の合同作品展です。 約20
点を展示。



 山陽百貨店のギャラリー山陽の ”ナンタケット バスケット” の展示を除いて 美術画廊へ行き
ます。 画廊では 東久邇宮文化褒賞受賞記念 ”石川紫草色の世界展” が行われています。
 絶滅危惧種である紫草の栽培復元と 紫草染色を 約40年にわたり 独学で研究しているムラ
サキ染色工芸家・石川貴啓氏の新作を 展示、限定販売。

 。。。  。。  。。  。。。。。  。。  。。  。。。。。  。。  。。  。。。。。  。。  。。  。。。。。  。。。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 御津町の世界の梅公園 | トップ | 姫路書写の里・美術工芸館へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む