私の日帰り散策

写真でつづる山歩き、ドライブなどの日誌です。
最近は ギャラリー巡りをしています。

温室植物園で セントポーリア展

2017-05-20 15:48:01 | ギャラリー散策
 5月20日(土)    天気:晴れ    室温:29.5℃ 暑い

 きょうは 手柄山の温室植物園に ”セントポーリア展” (共催:姫路セントポーリア友の会)
を 見に行きました。 友の会の人が育てた 140点を 展示。
 土曜日なので イオン大津から 英賀保駅までは 車が多く 渋滞気味でしたが 植物園は
きょう 展示初日なのに 空いていました。 えっ きょう抽選で プレゼントがあった?

 22日の新聞に 気高き女王 と 載っていました。  セントポーリアは アフリカ原産の
多年草で 日本名は アフリカスミレ。 室内で育てることができ ほぼ一年中 可憐な花を
楽しむことができるから 室内園芸の女王を呼ばれる。 青や紫、赤や白など 多彩なな
花色で 葉や花の形も変化に富んでいる。・・・・

セントポーリア物語
 むかし ドイツにセントポールという人が 住んでいました。 その息子が 成人して アフリカの
タンガニーカに 地方官吏として 赴任しました。 息子は 山登りが好きで 東アフリカの高山に
しばしば登りました。 あるとき 1000mほどの高さのところで 今までに見たことのない可憐
な草花を見つけました。 そして それを 故郷の父親のもとに 送りました。 父親は ヘレン・ハ
ウゼン王室植物園に 見せたところ 大変 珍しい草花でありましたので その名前を セントポー
ルにちなんで セントポーリア・イオナンタ(スミレのようなの意) と 名付けました。






 。。。。。。  。。。  。。。。。。  。。。  。。。。。。  。。。  。。。。。。  。。。  。。。。。。  。。。  。。。。。。  。。。。。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歓創居で きぬはたひでき絵画展 | トップ | 交流ステーションで 春の山野... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む