私の日帰り散策

写真でつづる山歩き、ドライブなどの日誌です。
最近は ギャラリー巡りをしています。

好古園で 夏の剪画展

2017-06-22 14:56:08 | ギャラリー散策
 6月22日(木)   天気:曇り   室温:28.4℃

 きょうは 姫路へ行きました。 いつもの9:59の始発電車で 姫路へ行き 大手前通りを
歩いて まず 好古園へ行きます。  大手前通りは ゆかた祭りのため 工事中の歩道は
工事を中断し 屋台が 準備を始めていました。

 好古園に入ると 通路の右側に ナツツバキが はかない 無常の象徴とされる花を咲か
せています。 沙羅双樹の花の色・・・。 まだ 午前中なので 花は 落ちていません・・。
これで 福崎の応聖寺まで ナツツバキを 見に行かなくても 大丈夫!
 潮音齋・活水軒ロビーでは 「夏の剪画展」(展示協力:NPO法人 日本剪画協会 中国
支部 ひょうご剪画集団) が行われています。 会場におられたのは 小坂さんだったか?

 剪画展を見て 庭園を回り 咲いている花を愛でます。 屋根の上には サギ?が・・・。
この後 イーグレひめじへ行き 市民ギャラリーの展示を見ますが これは 別のページで
お楽しみください。

 剪画とは 黒などの和紙一枚に 小刀で切り抜いて 描く絵画で 中国から日本に伝わってきたとも
言われる切り絵技法が 基本となっています。  「剪画」 は 切り絵の技法を より繊細 且つ 力強い
インパクト溢れる絵画を目指す美術として 今も 全国に 広がりを見せています。 殊に 姫路を中心に
兵庫県下では 様々な剪画の展覧会も 多く開かれ 剪画を学びたいとの絵画ファンも増えつつあります。





     ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・
 庭園を回ると アジサイが見頃ですが カワラネデシコ、大賀ハス、半夏生、クチナシなどの花が
咲いています。 テイカカズラのような プロペラ形の白い花は コクチナシ(ヒメクチナシ)だそうで
八重咲の花もある?





 。。。。  。。。。。。  。。。。。  。。。。。。  。。。。。  。。。。。。  。。。。。  。。。。。。  。。。。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エルミタージュで 服雑貨小物... | トップ | イーグレひめじで 「日本画 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む