ペットと一緒にのんびりライフ

ペットとのエピソードなど気ままに書けたらと思います。

本日「彼岸の入り」です。

2016-09-19 16:38:17 | 日記

どんよりした曇り空、雨が降ってこない内には急いでお散歩して来ました。
銀杏が落ちてたので、拾って帰りました。
皮をむいて干してますが、独特の臭い匂いが。
後日、電子レンジでチンして食べるのが楽しみです。
(翡翠色の銀杏美味しいですョ。)

本日は「敬老の日」「彼岸の入り」です。
”小豆とキナコのおはぎ”いただきました。
”彼岸花”が咲き始めて「暑さ寒さも彼岸まで」を実感しています。



お彼岸についてネットで調べて見ました。
抜粋です。
お彼岸とは・・・
「彼岸」はサンスクリット語の「波羅密多」から来たものといわれ、煩悩と迷いの世界である【此岸(しがん)】にある者が、
「六波羅蜜」(ろくはらみつ)の修行をする事で「悟りの世界」すなわち【「彼岸」(ひがん)】の境地へ到達することが出来るというものです。

太陽が真東から上がって、真西に沈み昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び、
この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられていたのです。

お彼岸の期間

春彼岸 : 毎年3月の春分の日をはさんで前後3日合計7日間
秋彼岸 : 毎年9月の秋分の日をはさんで前後3日合計7日間

*** 2016年 秋のお彼岸の日程 ***
彼岸入り:9月19日
お中日 :9月22日(秋分の日)
彼岸明け:9月25日

それぞれの初日を「彼岸の入り」、終日を「彼岸のあけ」といい、
春分の日・秋分の日を「お中日」といいます。

- お彼岸を迎えるには次のような準備をします -
●お仏壇、仏具の掃除
●お墓の掃除
●供花やお供え
・春は牡丹の花にちなんで牡丹餅と言います。
・秋は萩の花にちなんでおはぎと言います。


ふう~ん そうなんだ!
実家のお墓参りには、行けないけど、しっかり、おはぎを食べたでした。

               
                  今日のお花です。







                   木槿                ジンジャー

                       芙蓉:繊細で儚い花です。

                       岡山の従兄から届いたブドウです。

 山形のわけありリンゴ・・・”煮林檎”作りましたョ。今、話題のゴジベリー(クコの実)も一緒に。

            
                 我が家のです。



   トム君&ケーウーは食欲が落ちて来てます。例年、10月に入ると餌を食べなくなります。



               相変わらず、七男に執心なアクアです。

                台風16号の進路が心配です。
                 またね。
                 



 

『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 十五夜お月さま見られなかっ... | トップ | 金木犀が香る秋ですね。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事