大阪城での四季のうつろい

相棒や友人たちとの日々の行動を記録するため、平成17年リタイア後ブログをはじめました。

長谷寺大観音特別拝観

2017年07月17日 | 史跡
猛暑の昨日、西国三十三霊場第8番札所、長谷寺へ。
近鉄大阪線長谷寺駅から長谷寺まで急勾配の坂を下って徒歩約20分、門前で受け付けを済ませて暫し休息。

本日ご案内を頂く修行僧に伴われ明治27年再建の仁王門をくぐり境内へ。
「長谷寺」額字は、後陽成天皇の御宸筆。
目の前には長谷寺特有の登廊が聳えています。

登廊は、下廊(237段・段差約8cm)中廊(72段・同約14cm)上廊(90段・同約16cm)計399段の階段があり、その段差は廊毎に段々高くなるように変えてあるそうです。
上廊は平安時代に造られ、下と中廊は明治時代再建で風雅な長谷型灯籠が吊るされており、中廊手前の石橋は重文。

色々な説明を聴きながら399段を上り着いた所が鐘楼(折れ曲がった三つの登廊を大きな蛇に見立て、この鐘楼の鐘を尾上の鐘と呼ぶ)。
鐘楼の先に本堂があり、本堂前の舞台からの眺望はそれは素晴らしく、吹き抜ける風の涼しさと共に疲れも吹き飛ぶ思いがしました。
本堂に架かる「大悲閣」の文字、意味は慈悲深い観音のおられる堂、だそうです。
現存の本堂は、徳川家光の寄進を得て慶安3年(1650年)に落慶。

いよいよ国宝の本堂へ、ご本尊(重文)とのご対面です。
ご本尊との結縁の五色線を手首にして内陣へ。
内陣内は、暗いうえ天井は低く足元は段差があり、何とも歩きにくかったのですが突然ご本尊が眼前に。
と言っても見えるのは足元だけ。首を後方へ90度見上げて、やっとお顔が見えました。
像の高さ10m、こんなに大きな仏像は初めてです。
相棒と共に足元をさすりながらお願い事・・・。

ご本尊は、右手に錫杖と数珠、左手に水瓶を持って方形の大盤石という台座に立つ、いわゆる長谷寺式十一面観世音菩薩です。
現在の御尊像は、室町時代の天文7年(1538年)に大仏師運宗らによって造立されました。
像高三丈三尺六寸(1018cm)。我が国で最も大きな木造(樟)の仏像。

本日ご案内頂いた修行僧さんに感謝です。有難うございました。
長谷寺には、西国巡礼、牡丹の時期等何度か訪れていましたが、ご本尊に巡り合えたのは初めてで相棒と共に感激に浸り、名物の草餅をお土産を手にし帰途に。
秋の特別拝観は、10月14日から12月3日だそうです、駅前からタクシーもありますので是非ご参詣ください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カタツムリ | トップ | 比叡山東塔地区 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。