大阪城での四季のうつろい

相棒や友人たちとの日々の行動を記録するため、平成17年リタイア後ブログをはじめました。

ミステリーツアー

2016年12月28日 | 旅行
12月26日から一泊でミステリーツアーに参加。
9時30分難波集合、バスは高速道路で和歌山方面へ、
昼食場所に着いて最初の訪問地が判明、「安珍清姫伝説」の道成寺です。
何度来ても女性の怨念の恐ろしさが体感できます。

引き続き南下、阪和自動車道南部で下車、紀州梅干し館で梅干工場見学と梅酒作り体験。
私はホワイトリカーで、相棒はブランデーで、各々の分を作りました。
作った梅酒はお土産に頂き、梅を使ってのジャムづくりには梅を冷凍しておくことがよい事を教わりました。

バスはさらに南下し串本へ。
串本では、「トルコ記念館」へ。
「トルコ記念館」では、明治23年6月木造の軍艦エルトゥールル号によりトルコ皇帝特派使節が来日し明治天皇へ表敬後9月帰国の際、台風の時期でもあり帰国の時期を遅らせるようにとの注意もむなしく遭難。
痛ましくも587名の将兵が殉職、生存者は69名という惨事となり、その際地元民は献身的な救助と介抱を行い、知らせを聞いた明治天皇は、政府に対し可能な限りの援助を行うよう指示した。
各新聞は衝撃的なニュースとして伝え、義捐金・弔慰金も寄せられた。
その後、日本の軍艦により生存者を本国へ送還したこと等によりトルコ国との友情が芽生え、現在に至るまで串本町では5年に一度追悼式典が行われている。

次いで、徒歩で日本最古(明治3年築)の石造りの「樫野崎灯台」を見学。
現在は自動点灯の無人灯台で、明治3年建設された樫野埼灯台旧官舎は国登録有形文化財。
白亜の無人灯台は、内部へは入れないが外部階段から灯台に上ることができますので早速上ってみて、遥か太平洋を望み地球の丸い事を体感した後ホテルへ。

体は暖かく顔は風で涼しい露天温泉に浸かって今年1年の汗を流しました。
本日は時折青空も覗き雨に遭うことなく良かったのですが、明日の予報は大雨のようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第九 | トップ | ミステリーツアー(その2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。