ザイルと焚火と焼酎と

ザイルを使う登山にちょっぴり憧れ、山中に泊まると焚火を囲み、下山後は焼酎でほのかに酩酊。いい加減なのんびり登山の日記です

青春18きっぷの旅/帰京編。三日目は京都の鞍馬と貴船を歩きました

2016年10月13日 | 帰省の途中旅

2016/8/22  今年の1月に大原を訪れて以来、次は鞍馬だとずっと思っていました。夏の暑い京都ですから、少しでも涼しい場所を、という気持ちももちろんありますけれど、季節に関係なく鞍馬は訪れたい場所でした。


▲阪急電車、京阪本線、叡山電鉄鞍馬線と乗り継いで、緑に溢れた鞍馬へ近づいて来ました。9:51ころ。


▲鞍馬駅は有名な割には意外と簡素な駅でした。でも、雰囲気だけは持っている駅ですね。9:54ころ。


▲鞍馬は天狗でも有名なところです。9:54ころ。


▲鞍馬駅前のお店で朝食をいただこうと考えていたのですが、ほとんどの店がまだ開いていないか、食事は出していません。角の小さなお店、『心天狗』が食事を出してくれることに。少し待つことにはなりましたけれど、のんびりした旅ですからいっこうに構いません。10:11ころ。


▲鞍馬寺への最初の入り口です。11:01ころ。


▲仁王門(山門)。明治時代に再建されたものですが、中に祀られている仁王像は湛慶作と伝えられているそうです。湛慶は鎌倉時代の仏師で運慶の嫡男です。11:02ころ。


▲のんびりと登って行きます。11:08ころ。


▲「放生池(ほうじょういけ)」です。亀や魚など、生き物を逃がしてあげて功徳を積み、滝に打たれて修行する。そんな意味ある池なのです。11:14ころ。


▲途中、鳥居に小石がたくさん載っていましたから、S子もチャレンジ。S子は駄目でしたが、僕が1個載せました。11:22ころ。


▲この由岐神社は940年に勧請されたのが由来ですが、この建物自体は1607年に豊臣秀頼によって再建されたものです。これは拝殿。11:30ころ。


▲由岐神社の本殿です。11:31ころ。


▲しばらくは静かな森に囲まれた山道です。11:40ころ。


▲中門に到着。質素な門です。11:43ころ。


▲再び静かな道。11:44ころ。


▲貞明皇后行啓御休息蹟で僕たちも少し休憩しました。また、静かな道が続きます。真夏ですが、日陰が多く、風もときおり爽やかに吹き、思いのほか心地よい山歩きです。11:58ころ。


▲ゴールが近そうな雰囲気がしてきました。12:01ころ。


▲翔雲臺。ここから京都を見守る北方守護の浄域です。中央の石は本殿後方から出土した経塚の蓋石だそうです。12:06ころ。


▲鞍馬寺の本殿金堂です。12:07ころ。


▲本殿隣りの光明心殿。ここでは護摩供養をするのです。12:08ころ。


▲本坊金剛寿命院。鞍馬寺の事務部門のような場所だそうです。ところで、この建物が4階建てと聞いても信じられませんよね。実は見えているこの階が4階で、後方で下に向かって3階、2階、1階とあるそうです。12:09ころ。


▲本坊の横から奥ノ院参道へ入りました。12:11ころ。

霊宝殿は残念なことに休館日でした。


▲義経公息つぎの水。牛若丸が毎夜ごと僧正ガ谷へ剣術の修行に通った際、この清水を汲んで喉を潤したと言われています。12:17ころ。


▲階段の山道が続きます。12:22ころ。


▲木の根道。けっこう有名で、写真でもよく見ましたが、ほんのわずかな広さなんですね。12:25ころ。


▲大杉権現社。大杉は昭和25年の台風で折れてしまったようです。12:28ころ。


▲今日初めて、どんどん下って行きます。12:37ころ。


▲僧正ガ谷不動堂。鞍馬天狗が牛若丸に会った場所だとか。12:40ころ。


▲義経堂。奥州の合戦で自害されたと伝わる義経の魂がこの山におられ、遮那王尊として祀られているのです。12:43ころ。


▲奥の院魔王殿。ここに祀られている魔王尊は650万年前に金星から鞍馬山に降り立ったと言われている。なにかしらとてもミステリアス! 12:51ころ。


▲急坂をどんどん下って行くと、シカがいました。人をぜんぜん怖がっていません。鞍馬山一帯は神聖な聖域ですから殺生は固く禁止されてるはず。そのせいで人間を恐れないのでしょう。13:02ころ。


▲まだ斑点が残っていますから、若いシカですね。13:03ころ。


▲鞍馬山の西門です。鞍馬山参詣終了。13:08ころ。


▲鞍馬山を降りると、そこはもう貴船でした。貴船神社もすぐでした。13:09ころ。


▲雰囲気がありますね。でも、やたら女性が多い。13:10ころ。


▲貴船神社には高龗神(たかおかみのかみ)が祀られています。日本の代表的な水の神様だそうです。水の供給を司る神様だとか・・・・ 13:12ころ。


▲そのせいでしょうか? 脇にはこのような水の流れが。女性がおみくじを水に浮かべています。
女性の前の説明板には日本語のほかに、英語、中国語、韓国語でおみくじでの占い方法が書かれていました。まずは水に浮かべ、次にQRコードを読み取り、その中で占いが進行していくのだそうです。日本の神社って進んでますね! 13:13ころ。 


▲この光景を見て、「あっ、そうだった! 貴船は川床料理だ!」と思い出しました。体験できるものなら、今日ここで体験したいなぁ、と思います。13:20ころ。


▲でも、料理メニューが書いてある看板とかを見ると、最低額でも6500円もします。それに、満席で、予約を入れてないと無理そうです。13:25ころ。


▲貴船神社の奥宮へ行きました。13:31ころ。


▲「反正天皇の時代(五世紀初頭)に、玉依姫命(たまよりひめのみこと:神武天皇の母)が黄船に乗って浪速(大阪)から淀川、鴨川、貴船川をさかのぼって当地に上陸し、そこに祠を営んで水神を祀ったのが当宮の起こりである」と説明板にありました。13:36ころ。


▲奥宮を参拝後、また、貴船川沿いに帰りました。こんな感じで川床が続きます。14:06ころ。

バスもあるのですが、それほど遠くありませんから、駅までのんびりと歩きました。


▲貴船口駅に到着しました。駅のそばに喫茶店でもあれば入ろうと思っていたのですけれど、ありません。そのままホームへ。14:48ころ。

帰路、四条大橋のそばの和菓子屋「寛永堂」で東京へのお土産を買いました。

ホテルに戻り、今日こそは京都らしい料理を食べようと、近くで昨晩見つけていた(でも昨晩はすでに閉店していたのです)お店に向かいます。


▲湯葉料理のお店です。毎度そうなのですが、食欲の方が先走って、写真を撮るのを忘れてしまいます。この写真ももちろんもっと湯葉の量はたくさんあったのですよ。これは多分「生湯葉の刺身」。18:41ころ。


▲この写真も同上。「湯葉出し巻」かと思いますが、写真の4倍はあったかと・・・・ 18:56ころ。


▲これもだいぶん減ってしまっていますが、鱧(はも)の天麩羅が入っている天麩羅でしょう。18:57ころ。


▲これはなんだったか? サラダですけれど・・・・ 18:57ころ。

他にも美味しい料理をたくさん食べて、上等の日本酒も飲んで京都の料理を堪能しました。


▲ここが店への上り口。誰もいませんから、ちょっと躊躇してしまいますね。19:47ころ。


▲入り口からの通路。雰囲気があります。19:48ころ。


▲店の名前は『京料理 かめや本家』。19:48ころ。

やっと、京都らしい食事もいただけ満足です。同じホテルに連泊ですから、気持ちのゆとりもあります。連泊はいいですね。

翌日、この夏最後の青春18きっぷの旅は京都から東京の我が家まで、10時間ほどの旅です。
ただ、帰るだけですが、自分たちの家に近づくにつれ安心感というか、ゆったりとしたくつろぎ感が生まれてくるものですね。これが「我が家」というものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青春18きっぷの旅/帰京編。... | トップ | 大雨直後の海沢谷を遡行しました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。