ザイルと焚火と焼酎と

ザイルを使う登山にちょっぴり憧れ、山中に泊まると焚火を囲み、下山後は焼酎でほのかに酩酊。いい加減なのんびり登山の日記です

岩国に泊まって、また獺祭を味わいました。『旬彩料理 Zen』は素晴らしいお店でした

2017年04月21日 | 帰省の途中旅

2017/3/16  今日は移動だけの日です。とは言え、岐阜市から山口県岩国市への移動ですから、岩国ではお楽しみが待っています。
岐阜を出発する前に、パンやヨーグルトを購入しました。今日は乗り換え時間がどこの駅でも短いのです。岐阜駅を8:23に出発し、大垣、米原、草津、姫路、相生、岡山、糸崎と乗り換えながら、岩国駅には17:52に到着です。


▲前回のこともありましたから、獺祭を販売している駅の改札口そばの小さなお土産屋さんに直行しました。熊本へのお土産に『獺祭 純米大吟醸磨き二割三分』を購入します。多分、ほとんどは僕が飲んでしまうのでしょうけれど。(三分の一くらいは僕が飲んだかな?)
右の『獺祭 酒ケーキ』は獺祭をしみ込ませているケーキなのだそうです。前回もお土産で買っていったのですが、食べるチャンスがなかったので、どんなのだろうと興味がありましたから、また購入しました。しっかりと島から帰ってから食べましたよ。普通のちゃんとしたケーキでした。ほんのりと日本酒の香りがしますが、微かなものです。酒飲みとしてはもっとびちゃびちゃでもいいのですが・・・・(笑)。

前回は『ZenZen』という居酒屋さんに入りましたけれど、その幾年か前、初めて『獺祭』を飲んだお店が忘れられずに、今回はそのお店『旬鮮台所 Zen』へ行きました。


▲まずは何が何でも『獺祭』! 39とか23は高いので、50を頼みます。一合で850円。やっぱり旨いですね。19:53ころ。


▲手前はキノコベーコンサラダ750円、向う側は名物刺身盛り合わせ690円。この量でたったの690円ポッキリ! 最初は店の人が間違えて二人分持って来てくれたのかと思いました。正真正銘、これで690円でした。19:54ころ。


▲6種類のお刺身が楽しめます。7段の階段みたいになっていて、見ても楽しいですね。19:55ころ。


▲グラスは雲丹烏賊ソーメン290円、その右は蓮根チップス290円。グラスの中身はもちろん美味に決まっていますが、超薄くスライスした蓮根のチップスが実に美味しかったです。そして、この安さ、驚異的ですね。20:00ころ。


▲これは豚角大根650円。味が染みていて美味しかったですね。右の徳利ですが、もう一合だけ他の純米酒を頼みました。これも特別純米酒ですから旨い酒なのですが、『獺祭』の後で飲むと可哀想ですね。水っぽく感じてしまいます。20:43ころ。

他にも、まぐろの山掛け290円、揚げだし豆腐390円を食べました。
このお店のファンになってしまいますね。美味しくて安い!

帰る時に、お店の方に尋ねました。それで分かったのですが、このお店と前回訪ねた『ZenZen』とは全然関係がないそうです。

熊本への青春18きっぷの旅で、毎回岩国に泊まってこの店で夕食を食べたくなってしまいそうです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青春18きっぷの旅です。犬山... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。