やまんばのひとりごと

あと何年 健康で生きられるかわからないけどその日まで この世に生きた足跡を残していきたいな。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

捨てられない家計簿

2016-12-13 15:46:12 | 日記
結婚して51年目に入った。
51冊目の家計簿を買ってきた。

そう51年間 私は家計簿を 休むことなく毎日書いてるのです。

家計簿をつけていない人は 心配じゃないのかしら。冠婚葬祭でいくら出したとか 子供の学校の費用がいつ頃いくらかかるのか 耐久消費財を いつ 何処で いくらで 買ったのか。

電気代は毎月どのくらい払うのか 税金は どのくらい いつ頃払うのか。

入る収入は決まっているので ほしいものがあるたびに買っていたら 家計は破綻してしまう。借金をしなければならない。若いときは将来のことも考えなければならないし…。

家も3回建てた。子供2人は私立大学に下宿で4年間だった。
計画的にお金を使うことは大事だった。

年金生活になってからは もっともっと計画性が必要になってきた。夫婦2人だが かかるものは突然やってくる。築後20年を超えたころから 外壁に痛みがひどくなってきて 修理が必要。200万以上かかる。大丈夫 そんなことを予想して コツコツためておいたのだ。

毎月末には一か月の収支決算を夫に見せる。そうすることにより現在の我が家の財政の状態がわかるし 余計な出費がないように協力できるし。だから50年来の家計簿は大事なのです。

でも私は衝動買いをすることがある。いいコートとか新しい補聴器とか・・・これも計算済み。

現職の時 毎日つけていた家計簿で教え子の嫌疑を晴らしたことがあった。警察に捕まった時その日は 我が家を訪ねていたと、その供述の裏を刑事2人が取りに来たのだ。えーと その日は… と言いながら ふと家計簿を思い出して その日の記録を刑事に見せた。

ちゃんと書いてあったのだ 彼が来たことを。これは もう30年以上前のことだが この現代で何が起きるかわからないので だれかのアリバイを実証するのに この家計簿はきっと役に立つ と思っている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おお いやだ 気持ち悪い | トップ | 兄からのメール »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。