ナガシマの玩具なブログ

ナガシマの趣味(その他)のブログです。
子育て真っ最中の為どれも中途半端ですが、
思い切りやれる日を夢見ています。

ヤマハGX750 エアクリーナーボックス再取り付け (その2)

2016-10-30 | ヤマハGX750 メンテナンス


キャブレターを外して、フロート室のガソリンを抜きます。
今回、明瞭な写真があまり撮れなかったので、写真説明は端折ります。詳細はGX750メンテナンスの目次から、キャブレターオーバーホールの項をご覧下さい。



フロート室を外しました。フロート室パッキンの状態を確認します。フロート室の中のモノは揮発性の高いガソリンなので、注意が必要です。



メインジェットとパイロットジェットを外しました。



新品と並べてみました。パイロットジェットを交換する必要はありませんが、交換したことがないので試しに交換してみます。





各ジェットをキッチリ組み付けます。ジェットの組み付けは本来は専用ドライバーが必要ですが、ぼくはPBのドライバーを使っています。
マイナスドライバーの刃先形状が末広がりだと、穴の奥にあるパイロットジェットの脱着は出来ません。

「ネジが回れば何でもいいじゃないか」と思われるかもしれませんが、品質が高い工具はパーツを痛めませんし、正確な作業の元になります。

これからDIYで作業にチャレンジしようと言う方がいたら、毎月ひとつずつでも良いので必要な工具を揃えましょう。品質の高いヨーロッパブランドを扱っている店を探してみて下さい。

よい工具屋とは品揃えの良さもありますが、第一に豊富な知識を持つ店員がいることです。知識、経験共に豊富な店員は、あなたの用途と予算に応じたベストな工具をチョイスしてくれるはずです。
これは工具に限りません。自転車のページでも書きましたが、通販は初心者向きではありません。

機会がある度に触れていますが、スナップ◯ンやネプロ◯は避けた方が良いブランドです。タダでもらえるのなら仕方ありませんが、割高で低品質、考えられていない工具の代表格です。これらを推している工具屋に通うのはやめましょう。スナップ◯ンバンは勿論です(笑)

一回揃えた機械工具はなくさない限り、ほぼ一生ものです。自分の財産になります。



エアクリーナーボックスの状態をチェックします。ヤフ○クで落札した中古品なのでチェックは必要です。キャブレターにジョイントする丸いジョイントが傷んでいると上手くありません。



エアクリーナーボックスを所定の位置に組み付けます。パワーフィルター化の後に取り付けた自作アーシングが邪魔になってしまいました。取り回しを変更します。



クリーナーボックスは左右4つのビスで固定されていますが、ビスを付けなければフレームに当たるところまでボックス位置を後退させることが出来ます。これはキャブレター脱着をし易くするためのギミックです。

その3に続きます。
『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2輪車を扱うコツ 番外編 公... | トップ | アイクジャケットをゲットし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。