ナガシマの玩具なブログ

ナガシマの趣味(その他)のブログです。
子育て真っ最中の為どれも中途半端ですが、
思い切りやれる日を夢見ています。

2輪車を扱うコツ (その1)

2016-10-14 | 安全走行について
このブログを始めた頃に載せた、2輪を安定させて扱うコツです。古い文章ですが最近反響があったので、加筆修正して再掲載します。


普段、街中でフラフラ走っている自転車を見ます。ポジション(自転車)が身体に合っていない、ペダリングが良くないのが原因でしょうが、2輪を上手く扱うコツを知らないわけです。

低速時などフラフラするのは「自転車だから仕方がない」と思われるかもしれません。大部分の人は疑問を感じないでそのまま乗っているのでしょう。しかし安定して扱えた方が安全ですし、メリットは大きいはずです。



後ろブレーキを少しかけながら、グイグイとペダルを踏んで走る。エンジン付きの場合はペダルを踏む代わりにアクセルを開けてやります。 文章にするとこれだけです。

後輪が駆動を担当し、車体に追従して前輪が切れる構造の2輪なら、エンジンの有る無し関係ありません。

ママ自転車でもオートバイでもこれが出来れば、歩く人と同じスピードで、おしゃべりしながら走ることが出来ます(慣れればもっとゆっくりも可能)。
そんなことはせずとも、相手が歩きなら、降りて押して歩けば良いのですがw

ペダルを踏んでいる=車体が前に進む駆動力を、後ろブレーキで抑制することで車体は安定します。歩道などをゆっくり走る際や、狭いところ、悪路など様々なシチュエーションで重宝するコツです。

あくまで低速時に限りますが、前ブレーキは使わない方が良いです。上の画像でも後ろブレーキだけかけています。何故後ろブレーキか?は次回以降述べます。

2輪車は簡単に言えば、車輪が回ることによって安定して走っています。コマは勢い良く回っていないと倒れてしまうのと同じ理屈です。 スピードが出ている方が安定して走れるのはそのためです。



手放し運転が出来る方がいると思います。手放しが出来るのは車輪に回転する力があるからです。漕ぎ続けてタイヤに駆動力を与えているから手放しが出来るのであって、低速では出来ません。手放し運転を推奨している訳ではありませんが、2輪が倒れずに走れる原理はこれです。
(画像は頂き物です。さすがに手放し走行の画像はありませんでした)





回転するホイールが生み出すジャイロ効果は、車輪が大きい方が大きくなります。折り畳み自転車などに使われる小さなタイヤは、ジャイロ効果が小さく安定成分が少ないです。

上画像の両車、折り畳み小径車とロードバイクを比べるのは極端ですが、小径は逆立ちしてもロードの性能に敵いません。
(他のところでも書いていますが、 ぼくは小径の2輪は基本的にお勧めしません。 径が小さい車輪はジャイロ効果の少なさ以外にも弱点が多く、公道走行では圧倒的に不利だからです)



大昔はもっと車輪が大きい自転車もありましたが、大きければ良いと言うものでもありません。現在の2輪車のホイールサイズや車体構成は、長い時間をかけて辿り着いたベストバランスと言えるでしょう。



車輪を駆動することで得られるジャイロ効果、前輪が車体に追従して自在に切れること。
それ以外にもフロントフォークなどの設定も大きな要素ですが、大体このふたつで2輪車はバランスして走れるのです。



これは自転車を真っ直ぐ立てた状態で、ハンドルから手を離し、サドルだけ持って転がせばわかります。
押されている自転車の前輪(ハンドル)が小刻みに切れて、バランスを取っているのがわかるかと思います。手放し運転が出来るのはこのためです。



どうやっても真っ直ぐ進まない自転車は、ヘッドベアリングと言うハンドルが切れる部分が痛んでいる可能性が高いです。2輪がバランスを取る肝は、このヘッドベアリングにあると言っていいでしょう。

2輪車操縦の要諦は、この小刻みに切れる前輪の動きを邪魔しないように、走行中はハンドルから極力チカラを抜くことです。しかしこれはなかなか難しいと思います。

大抵の人は、とっさの時に危険を回避しようと腕に力が入り、ハンドルの動きを妨げてしまうでしょう。これは本能的な物なので仕方がありません。
もしブレーキをかけて減速中なら、ブレーキは握り続け、かつ上腕から肩までの力を抜くわけです。ある意味アクロバットな動作です。

2輪の扱いに慣れていると言うのは、このハンドルから余計なちからを抜けるか?これが出来るかに尽きます。

ぼくは大した経験があるわけでも、何かの肩書きがある者でもありません。自分の経験でこの文を書いています。
出来ればママ自転車に乗るお母さん方など、趣味ではなく2輪に乗る皆さんに伝わって欲しいです。

その2に続きます。

(このブログの安全走行カテゴリーは、公道における処世術・サバイバルテクニックを解説しています。本稿はライディングテクニックと言った内容ですが、あえて安全走行カテゴリーに分類しました)















ジャンル:
運転・道路
コメント   この記事についてブログを書く
« 士官用ドレスパンツ、マスタ... | トップ | 1/12スケールの4号戦車とフ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。