ナガシマの玩具なブログ

ナガシマの趣味(その他)のブログです。
子育て真っ最中の為どれも中途半端ですが、
思い切りやれる日を夢見ています。

第82回 Vショーに行って来ました (ACT1)

2017-07-27 | ミリタリー


去る7月23日に開催された、第82回ビクトリーショーに行って来ました。ビクトリーショー、略してVショーは、サムズミリタリヤ主催のミリタリー・ガン関係のディーラーが出展するイベントです。都立産業貿易センター 台東館で開催されます。サムズミリタリヤのビクトリーショーのページはこちらです。次回開催は11月5日(日)のようです。



東京メトロ銀座線浅草駅から会場まで歩きました。頭上に見えるのは東武線伊勢崎線(スカイツリーライン)です。隅田川を東に渡って埼玉の久喜の方へ行く路線です。在原業平の名前を取った業平駅はスカイツリー駅になってしまいましたね。



銀座線は昭和2年に開業した日本で一番古い地下鉄です。開業当初は浅草から上野のわずか5分の区間しかありませんでしたが、徐々に延伸しました。浅草と上野、当時のニ大繁華街を結んだのでしょう。ぼくは鉄道マニアと言うわけではありませんが、ウィキペディアを読むとなかなか興味深いです。
地下鉄路線は巨大なジェットモグラのようなシールドマシンで掘削するのですが、銀座線は古いだけあって構内が狭く車両も小さく、かなりの苦労があるようです。
(東京メトロ銀座線のウィキペディアはこちらです)

ぼくは銀座線のカラーリングを見て、荒俣宏原作 実相寺昭雄監督の映画「帝都物語」(1988年)を思い出しました。映画ではこの銀座線の工事現場もヤマ場のひとつとして描かれています。エンディングでは無事開業した地下鉄がくす玉が割れて走り出す描写もあります。現在の銀座線は開業当時と同じカラーリングなのです。
浅草駅の地下への入り口には龍のレリーフがあると思いました。浅草寺は龍の神様ですし、地の龍を鎮めるための物なのかもしれません。



産業貿易センターは浅草寺の東どなりです。センターの隣りには花川戸公園があります。



ふくやまけいこのマンガ「東京物語」に登場するフミちゃんは、花川戸に住んでいました。彼女の家が営む蕎麦屋が度々登場します。「東京物語」は浅草寺界隈が主な舞台でした。主人公(?)の雑誌記者 桧前平助が務め先は、確か田原町あたりだったと思います。



今回のVショーも前回と同じく、日頃からお世話になっているミリタリーアーツの方々と一緒です。



M-1917重機関銃の周りに土嚢を積みます。1917については後述しますが、KTアーツ(株)の代表 塚田さんの手づくりです。



土嚢は土を入れるのですが、それでは重くて仕方ないので、籾殻を入れてあります。ナガシマは高校生の頃に自衛隊の体験入隊に行きましたが、体力テストの中に土嚢を担いでの50メートル走がありました。中年オヤジの今ではとても走れないでしょう。
当初は地面に置いた土嚢を担ぐ前からタイムを測っていたそうですが、腰を痛める隊員が続出したので、土嚢を担いでから計測になったようです。



まだ会場は広々としています。今回のVショーは3フロアスペースがあり、ミリタリーが2フロア、ガンが1フロアです。



テーブル配置などを相談します。悲しいことに商品を盗む輩がいるからです。こう言ったことはディーラー歴の長い先輩方に従います。

ACT2に続きます。
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニューバランス 880 | トップ | ミリタリーの目次、その2です »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ミリタリー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。