ナガシマの玩具なブログ

ナガシマの趣味(その他)のブログです。
子育て真っ最中の為どれも中途半端ですが、
思い切りやれる日を夢見ています。

figma 田井中律のドラムセット 修理 ACT2

2017-04-21 | 桜高軽音部 東京支部
ACT1はこちらです。



バスドラムの脚です。



まずは脚側に穴開けしますが、ここが問題です。
この樹脂パーツを金属線を繋ぐやり方、強度はバツグンですし位置決めも確実なのですが、当然ながら穴開けした方向にしか固定出来なくなります。
バスドラムの脚は縦と横、両方向に角度が付いているので厄介です。

反対側の折れてない方の脚の取り付け角度、パーツの向きを良く確認します。どういう状態でドラム本体に脚が付いているのか充分確認してから穴開けします。



「…と書いておりますが、真鍮線は柔らかいので大丈夫であります!律殿のドラムセットは重いわけでは無いので尚更です」

穴開け後、真鍮線を瞬間接着剤で固定します。シンバルのステーの時と同じく必要量だけ残してカットします。



バスドラム側に穴開けをします。貫通してしまいましたが問題ありません



何とか直りました!figmaの優花里が言う通り、脚の向きがズレていたら曲げてしまえば良いのです。真鍮線ですし問題ありません。

ここで述べたいのは、作業結果を予想して始めないと失敗すると言うことでした。自転車でもクルマの整備でも同じです。



今回使った工具です。ニッパーはドイツのクリペックスと言うブランドです。クニペックスはペンチやプライヤーなど挟み工具の専門メーカーで、コストパフォーマンスと性能は比類無いものがあります。

画像のニッパーはピアノ線も切断出来る製品で、グリップに何ミリまでのピアノ線を切断出来るか表記してあります。このニッパーは本来クルマなどの機械整備に使う物で、真鍮線を切るにはオーバースペック過ぎます。375ホーランド&ホーランド弾でスズメを撃つような感じでしょうか(笑)
(クニペックスはプラモデル工作などに使うようなニッパーも出していますが、リンドストロームと言う更に特化したブランドもあります)



「うわっ!あたしのドラム、直ってる〜!」



「良かったな、律」「律先輩、良かったですね!」



「あれ?…澪、何でこんなになっちゃったんだ?」「え?私は私だよ」



「ま、いいか。この大きさなら鉄拳制裁出来ないだろう。小さくなって可愛いぞ、澪ちゅわ〜ん」

律の述懐とは関係ありませんが、このねんどろいど澪の可愛さは特筆モノです。



いつも通りの軽音部に戻りました。山無しオチ無し意味無しでした(^_^;)
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「けいおん!」聖地巡礼 (🎵の... | トップ | 「けいおん!」聖地巡礼 (🎵の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。