ナガシマの玩具なブログ

ナガシマの趣味(その他)のブログです。
子育て真っ最中の為どれも中途半端ですが、
思い切りやれる日を夢見ています。

「映画けいおん!」劇場鑑賞会

2017-07-13 | 桜高軽音部 東京支部


去る7月11日、新宿ピカデリーで特別興行された「映画けいおん!」を観に行って来ました。
新宿ピカデリーでは毎年上映されるようですが、ツイッターで知ったのは上映の1週間程前でした。
このブログもツイッターもしばらく、ほぼ「けいおん!」一色なのですが、けいおんの呟きからツイッターのDMグループに入れていただき、上映前の会食に参加させてもらいました。

ぼくのけいおん仲間は「気分はガルパン、時々けいおん!」を運営されているホシノさんしかいません。ツイッターのDM上で参加者の皆さんとやり取りしているのが、楽しくて楽しくて…。





いろいろ持参しました。



お会いするのは初めてですが、けいおん仲間が何と17人も!若い人が多くて驚きです。ナガシマは下手すれば彼らの父親の歳です(笑)





ファン歴が浅いぼくからすれば、若くても古強者ばかりです。実際にバンドをされている方からは、けいおん劇中の音楽的描写、実際のバンドマンの様子など色んな話をうかがいました。
「演奏自体は上手くないけど、全員が楽しくやっているバンドは聞いていて心地良い」「リズム隊(ベースとドラム)がいい加減だと良い音にならない」などなど。
この方はキーボードを始められる時に、楽器の先輩に「けいおん!」を観ろと勧められてファンになったそうです。1日に観るのは一話と言う縛りを課していて、それはキーボード練習の妨げになるからだとか。

しかし皆さん、考察が深い!
「ピンチ!」の回の律の部屋の水を入れたコップの光り方は良い。「計画!」の平沢家のスイカ、食べた後のお皿を見て、誰がどれを食べたか?「冬の日!」は何月の話なのか?星空の描写も京アニはこだわっている云々…。
ロンドンに聖地巡礼に行かれた方もちらほら。これから行く人もいました。裏山!



公開当時の前売り券を見せてもらいました。この方は楽器が演奏出来て歌も歌えるそうです。ローランドの電子ドラムが手に入ったら、それぞれのパートを全てやって編集し、動画にするのだとか!
将来的には放課後ティータイムの曲を全てやりたいと言われていました。今は桜高の校歌を耳コピして譜面を作っているそうです。…うーん、凄い!

けいおんと言う作品に触れて、人生が変わったわけですよね。もちろん良い意味で。楽器をやるファンなら、豊郷小学校のセッション会に参加するのが目標だ。あなたも頑張れと言われました。





映画のストーリーについてはご存知の方が多いでしょうから割愛しますが、劇場の音響の良さは圧倒的でした。
冒頭のデスデビルごっこは音圧を感じるようでしたし、朝の鳥のさえずり、あずにゃんが歩いて床が軋む音、トンちゃん水槽のエアポンプの音。空港や蘭鋳寿司のざわめき、ロンドンの街中に流れている音楽(BGMではない)…。
劇場の音響ももちろん素晴らしいのですが、綿密な計算と細やかな気配りが行き届いた作品だと改めて思いました。けいおんは、目の玉が大きいマンガ体型の女の子が出て来て、キャッキャッウフフするアニメには違いないのですが、その先入観だけで観ないのは勿体無い作品です。音楽をやる人たちには観て欲しいと思います。

映画けいおん!はロンドン旅行に行くまでの経緯、旅行の様子がとても楽しいのですが、教室ライブあたりから切なくなって来ます。ぼくは自宅で観ていても、校舎の屋上を4人が駆けて肩を抱き合うあたりから涙ぐんしまいます。劇場では周りのお客さんも泣いていました。
笑えるシーンは皆さん笑い(ムギが眉毛をピクピクさせる「速いわ!」などなど)、エンディングの後のふわふわ時間が終わると、会場は拍手の渦が巻き起こりました。ぼくは教室ライブが終わった時点で拍手したかったくらいです。
今まで映画館で拍手することはほとんどなかったと思います。



エンディングの「Singing!」、力一杯歌う澪と言い素敵な曲には違いないのですが、これを聞くと"もうこれで終わりなんだ"、"この子たちにはもう会えないんだ"という思いが去来し、とても切なくなります。



この澪が切り裂くシーン、「いつまでもアニメの世界に耽溺しているな!」と言われているようです。
エンディングの解釈は語り尽くされていますが、"秘密の花園"から脱却し、風が吹こうが何だろうが自分たちの足で歩いて行こう、と言うことなのでしょう。



彼女たちは今も何処かでお茶をしながら演奏をしているに違いありません。放課後ティータイムに幸あらんことを願います。



ムギのセリフではありませんが「滅多に出会えない楽しい人たち」とステキな時間を過ごせました。オフ会を仕切って下さった方、参加された皆さんに感謝します。他のフォロワーさんにも会えたりと、とても有意義なひとときでした。
また「けいおん!」で盛り上がりましょう!



幹事をされた牧さんのけいおん考察のページはこちらです。とても読み応えがある内容です。



つうおんさんのページはこちらです。けいおんの聖地巡礼やユーフォについて触れられています。



(出典 桜高鉄道倶楽部れんらく帳)

桜高鉄道倶楽部れんらく帳のページはこちらです。豊郷小の新歓イベントなどでディーラーをされていて、可愛らしいトートバッグや洒落たキーホルダーを販売されています。



そうだ、この鑑賞前の諸注意、流れませんでした。残念〜!

けいおん!関連記事の目次
雑感・グッズ編
フィギュア編
楽器編
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストラトキャスターの弦交換 ... | トップ | G&L L2000 エレクトリック... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大スクリーンに感動 (つうおん)
2017-07-13 19:18:41
オフ会と上映会参戦、お疲れ様でした。それとリンクでサイトを紹介くださりありがとうございます。上映会は初参戦で、大スクリーンに感動しました。屋上わーーーーーから先は目から汗が出て、肝心のシーンがよく見えなかったり(汗)。またの機会がありましたら、よろしくお願いいたします。
感動しました! (ナガシマ)
2017-07-13 20:22:43
コメント、恐れ入ります!
ぼくは映画館で観るのは初めてでした。素晴らしかったですね〜。ボキャブラリーが貧困なので、上手く言葉に言い表わせません。もう何年も前の作品なのに、何でこんなに良いのだろうと思います。けいおん、サイコーです\(^o^)/
また思いのたけを語り合いましょう!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

桜高軽音部 東京支部」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。