ナガシマの玩具なブログ

ナガシマの趣味(その他)のブログです。
子育て真っ最中の為どれも中途半端ですが、
思い切りやれる日を夢見ています。

「けいおん!」聖地巡礼 (🎵の3) 文具おおむらから玉屋へ

2017-03-20 | 聖地巡礼


(ホシノさん撮影)

文具おおむらの奥のスペースには、「けいおん!」グッズを並べた一角があります。



お店のご主人が奥からギターを出して来てくれました。



5周年記念グッズのようです。ぼくは最近ファンになったばかりですが、こんなのは見たことがありません。



レスポールを模したギターにスピーカーを付けたモデルです。レスポールのアイデンティティであるハムバッキングピックアップをひとつ外して、スピーカーを付けるスペースにしてあります。
通常のエレキギターは電源のあるアンプに繫がなければなりませんが、このギターは単体で駆動します。ボディ裏側に電池を入れるスペースがあります。
弾けないぼくが言うのもナンですが、実用アイテムではないのかもしれません。ギターのピックでスピーカーのサランネットを傷付けてしまいそうです。ムギちゃんの首のあたりも傷付けてしまいそう(泣)

このアンプが無くても音が鳴るエレキギターは、各社から出ています。ESPでもレスポールタイプのミニギターにこう言うモデルがあり、需要があるのでしょう。
ミニギターは子供用と言うイメージがありますが、ベッドサイドギターと言う言葉もあるくらいで、大人の需要もあるそうです。





お店の奥には法令用紙を入れる引き出しがあり、コクヨのルーズリーフや領収書が並んでいました。以前、女房の実家の文房具屋を少し手伝っていたことがあるので、懐かしい光景です。



(ホシノさん撮影)

フィグマやねんどろいどを使った同人誌があったので、買い求めました。





文具おおむら、「けいおん!」ファンとしては嬉しい限りのスポットです。ご主人とのトークも楽しめます。
ご存知の方は多いかもしれませんが、豊郷に来たらぜひ寄ってみて下さい。



お昼近くになってしまったので、先程の玉屋に寄ってお昼を食べました。





ステキなイラストです。一発で「けいおん!」推しなのがわかります(笑)
文具おおむらにもありましたが、玄人はだしの方が描かれた物もあります。



飛び出し坊やの憂バージョンが目印です。



寒かったのもあり、温かい物が美味しかったです。

滋賀県犬上郡豊郷町高野瀬周辺の地図 - goo地図

↑玉屋の地図です。

ホシノさんのブログ「気分はガルパン」の該当記事はこちらこちら、さらにこちらです。

🎵の4に続きます。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「けいおん!」雑感 (🎸の3) ... | トップ | ワンフェス2017冬 その10 ラ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
律のラミー (ホシノ)
2017-03-20 07:56:48
律のラミーが無い・・・・。
なるほど、当方の記事で書いてくれ、というわけですか。
Re:律のラミー (ナガシマ)
2017-03-20 08:06:48
扱っているはず?の商品が無いのは、おおむらさんの不名誉になるかと思って、あえて書きませんでした。
やっぱり (ホシノ)
2017-03-20 09:55:58
そうでしたか。

ラミーの品は近所の文具店でも大阪京都の大型専門店でも扱っていませんでした。奈良の中條さんにもありませんでした。日本ではあんまり流通に乗っていないみたいです。アメリカ製ですから輸入品扱いになるのしょうか。

京都の大丸やジュンク堂の文具コーナーには輸入品も多いのでラミーがあるかなと問い合わせたのですが、店員さんがラミーを知らないのには笑ってしまいました。

ところが、けいおんに出てくるシャーペンだ、と話したら一発で分かったようで、ああ、あれですか、と応じてくれました。ラミーと言った時点では通じなかったので、ラミー製品自体が日本の文房具業界では馴染みが薄いのかもしれません。

有名百貨店や大型専門店にも無いのですから、おおむらさんに無くてもあんまり違和感はありませんが・・・。
当方はラミーの件は京都アニメーションのこだわりようを示す一つのネタと捉えていますのので、とりあえず記事にしてみます。
「趣味の文具箱」 (ナガシマ)
2017-03-20 10:39:40
ぼくは以前から万年筆が好きで、「趣味の文具箱」なんて言う雑誌を買っていました。それを見るとラミー サファリやペリカンの子供用万年筆(意外に高品質)など、当たり前のように載っています。

ぼくの地元だと伊勢丹の丸善やロフトの文具コーナーに行くと、ラミーは置いてあります。先日、下の子の文具などを買いに行ったイトーヨーカドーの売り場にもラミーはありました。話の合う従兄が住む甲府の筆記具専門店にも置いてあります。ラミーはABS素材の子供用の色合いなので、今まで特に興味はありませんでした(^_^;)
ギターやベースに例えると、渋いスリートーンサンバーストを選ぶ人はキャンディーレッドなんてカラーは眼中にない…みたいな感じかもしれません。(澪くらいの歳の女の子なら、同じベースでもキッチュな色合いのプレベを選びそうです)

文房具に限りませんが、付き合いのある問屋のカタログと言う物があります。それに載っていない商品(メーカー)は分からないし、知らないと言うことは往々にしてあるでしょう。
付き合いのある問屋が扱ってない商品は仕入れられません。なかには仕入れたくても、ダース単位でないと注文出来ないメーカーもあります。
文房具コーナーの店員に仕事を超えた関心や知識があれば、ラミーくらいは知っていると思います。筆記具ひとつ取っても、もっとマニアックな製品はいくらでもあります。
ラミーのシャープペンはモンブランのそれに比べれば安価ですが、「シャープなんて100円で充分」と思う人にとっては高価なペンです。東京なら代官山で売れる製品とぼくの地元では自ずと変わって来ます。仕方のないことでしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。