ナガシマの玩具なブログ

ナガシマの趣味(その他)のブログです。
子育て真っ最中の為どれも中途半端ですが、
思い切りやれる日を夢見ています。

figma用マイクスタンド制作 ACT4

2017-06-20 | 桜高軽音部 東京支部


マイクスタンドを3本作ったら、コトブキヤのHジョイント(小)を使い果たしてしまいました。一番小さいジョイント3組のために、また500円払うのもシャクに触ります。一緒に買ったTジョイントが使えないか…。



大、中、小、3種類の大きさのTジョイントが入っていますが、使えそうなのは中です。



Hジョイントよりダボが大きいので、大きなサイズのドリルで穴開けします。ジョイントのダボはギリギリまで短くカットします。



ボークスのポリジョイント(短い方)は、片側の穴だけ2.5ミリのドリルで穴を広げます。そのままではジョイントのダボが入らないからです。



スタンド真ん中?の関節部も同様に作ります。タミヤのプラパイプは内径2ミリなので、やはりジョイントのダボが入りません。2.5ミリのドリルで内径を広げます。
「動脈の血管壁は三重です。2枚目まで針を通します」「そんなことは不可能じゃ!」「やらなければならんでしょう、先生」と言うブラックジャックのセリフを思い出します。



何とかそれらしく出来ましたが、普段しない作業なので疲れました。RB26のタイミングベルト交換の方がラクです(笑)
上がH、下がTジョイントを利用しました。Tジョイントはパイプとの接着面が小さいので、可動は諦めてギターとベースに使わせるのがいいかもしれません。



何とか4本出来たので、けいおんフィグマと並べてみました。





お粗末な出来のマイクスタンドですが、遠目で見るとそれらしく見えます。やはりマイクスタンドがあるとサマになりますね。

次回で終わります。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 佐貫亦男 著「道具の再発見」... | トップ | キーポッシュ 雨の日セットと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。