ナガシマの玩具なブログ

ナガシマの趣味(その他)のブログです。
子育て真っ最中の為どれも中途半端ですが、
思い切りやれる日を夢見ています。

1/12スケールの4号戦車とフィグマです!

2016-10-15 | おもちゃ


1/12の4号戦車、ようやく箱から出しました。女房の視線もお構いなく、居間のカウンターに飾っています。とりあえずフィグマと絡めたいので、シュルツェンなどのパーツは全く取り付けてない状態です。戦車本体の表面処理をどうしようか思案中です。ABSはテカテカで、このままでは…(^_^;)
あえてオモチャっぽいままの方が良いと言う意見ももらいました



あんこうチームの5人、やっとセット出来ました。









この操縦手が首を出せるカラクリ、以前から気になっていました。先日、自衛隊で戦車の教官をされている方から聞くことが出来ました。



しかし4号戦車と言えども大きなモノです。これよりさらに巨大な戦車をドイツ車はいくつも持っていましたが、信じられません。



キューポラからこの距離感です。ガルパン劇中ではパッと飛び乗っていますが、大の男でも大変なことだと思います。



この予備の転輪、車体上の者が外して下で受け取れるのでしょうか。重さはどのくらい??乗用車のテンパータイヤなんて、比べようがないくらいの重さだと思います。沙織ではまず無理でしょう。



実物のミリタリービークルは、ハーフトラックでさえ何とも大きなモノです。海洋堂のWTMではハーフトラックなんて小物なのですが…。



コマンドカーです。一般の方は乗り降りするのに台があった方が良かったりします。スカート姿の女性では厳しいでしょう。
時々走っている自衛隊のトラックを見てもわかりますが、軍用車両と言うのは悪路を走るためにタイヤが大きく、おしなべて車高が高いです。



ガルパンは戦車が横転しても、乗員を保護する謎カーボンがあったりと、あくまでファンタジーなのは承知しています。それにしても女子高生が戦車を扱うのは現実的ではないと思います。

上述の戦車教導の方によると、戦車乗りは明けても暮れても自車の整備だそうです。ドロドロの各部の整備は、大の男でも音をあげそうです。2トンダンプのタイヤ交換でさえ大変なモノですから、想像に難しくありません。

でもガルパンが「男塾」や「ジョジョ」みたいなゴツい男たちが戦車に乗る設定だったら、これ程人気が出なかったかも。
「装填完了だぜィ!」「おぉぅ!」「畜生めぇ!」「レオポン、ダイエットしやがれ!」などと、何をするにもやたら絶叫(笑)
「さすが西住殿!オレたちが出来ないコトを平然とやる!そこに惹かれる!憧れるゥゥ!!」「ウリリリリリィ〜!!」「お前は今まで倒した戦車の数を覚えているのか?」「今、お前はこう考えている」「この西住まほが直々にブチのめしてやる」「新手の戦車使いか?」などと言った名言の数々(笑)擬音はもちろんゴゴゴゴゴゴ…とかバァァァン!
それはそれで面白そうですがww
『おもちゃ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2輪車を扱うコツ (その1) | トップ | 2輪車を扱うコツ (その2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。