575の会

名古屋にある575の会という俳句のグループ。
身辺のささやかな呟きなども。

新聞に■■■のことも日脚伸ぶ   遅足

2017-02-22 09:29:25 | Weblog
ちょっとイタズラをしてみました。
俳句はもともと読者が想像して読んでくださるもの。
さらに謎々をかけるのはイケナイかもしれません。

これを思いついたのは自衛隊の日報問題。
情報開示された文書の90%は黒塗りでした。
昔人間としては敗戦直後の黒塗り教科書を思い出しました。

句会ではここ■■■を「花粉」と読んでくださった方。
また「共謀罪」の3文字を当てた方もいらして
作者としては望外の喜びでした。

私は写真にあるように「タヌキ」の積りです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 囁きは瀬音葉ずれや春来る ... | トップ | 富士山俳句   麗 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む