575の会

名古屋にある575の会という俳句のグループ。
身辺のささやかな呟きなども。

また一人風のたよりの訃報かな   狗子

2016-10-15 09:52:24 | Weblog
父母をおくって、七十歳を越える頃から身近な訃報がふえてきます。
先輩の世代に続いて、同世代の友人・知人も。

風の便りですから、特に親しかった方の訃報ではないのかも知れません。
いわば三人称の死ですが、続くと死がだんだん近づいてくるように感じられます。

父も七十五歳を過ぎたころに、友人の死はこたえるとポツンと漏らしていました。
私も愚足さんの死は、いまだに私の心に穴を開けたままです。

静荷さんは、だんだん死ぬのが怖くなくなって来たとのこと。
あちらに行けば沢山の人が待っていると思うようになったそうです。

  深層はそっとしておけ梨の芯 

同じ作者の自由題。
深い層。奥深くに隠れている部分と辞書には。
深層という言葉から何を連想するのか?は読者にまかされています。
ひょっとするとあの世のことかも・・・

インターネットの世界でも「深層ウェブ」と呼ばれる裏世界が存在し、
表層のウェブでは見つけることが不可能なデータやサイトなどがあるとか。
コワイですね。
                         遅足




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民間放送第一声の地・名古屋 ... | トップ | 漱石の妻への手紙茗荷咲く ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む