575の会

名古屋にある575の会という俳句のグループ。
身辺のささやかな呟きなども。

大なるをはためかせ春を聴く象   等

2017-03-13 09:29:57 | Weblog
575と読んでくると大きな象の耳が
クローズアップで現れるようです。
その耳が春の音を聞いています。
聴いているのは鳥の声、風の音・・・
あるいはアフリカの声でしょうか?

課題の「耳」と言わずに耳を詠んだ句。
しかも最後に「象」と言ってた種明かしを。
技巧の冴えた一句です。
              遅足

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山茱萸と姉に教わる遍路道 ... | トップ | 砂埃たつ道もなし涅槃西風 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む