575の会

名古屋にある575の会という俳句のグループ。
身辺のささやかな呟きなども。

散る桜鼻腔の奥に在る記憶   郁子

2017-05-15 09:29:54 | Weblog

鼻の奥がつーんとする。
桜が散っていくのを見て思い出したこと。
どんな記憶かは読み手に任されています。
哀しかったことでしょうね。
わずか17文字しかない俳句の骨法を
見事に使いこなした句です。

        

子供の頃、西瓜を食べた直後に激痛。
急性盲腸炎で手術をうけました。
脊椎麻酔の注射の痛かったこと!
痛みは深く身体に刻み込まれており
時にふれて思い出されるのでした。
しばらくの間、西瓜も食べたくありませんでした。

                遅足
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古九谷の皿に散りたる釉の花... | トップ | じゃがいもの花や旅信のごと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む