575の会

名古屋にある575の会という俳句のグループ。
身辺のささやかな呟きなども。

持ち重りして林檎の赤に励まさる   静荷

2016-10-29 09:29:02 | Weblog
初めは、さほどには感じないのに、次第にその重さを感じるようになること。
これをもち重りというそうです。
スーパーで買った林檎。歩いて疲れてくると重く感じます。
ふと、リンゴの赤が目に入りました。磨きこまれた林檎の赤です。
ガンバレ、あと少しと励まされたように感じました。

なんということもないエピソードですが、
俳句にすると不思議な時空がたちあがってくるようです。

敗戦間もない頃、巷に流行したりんごの歌。
打ちひしがれた日本人のこころを励ましてくれました。
と、話したら、林檎の歌って?と聞き返されてしまいました。
昭和は遠くなりにけりです。

        

赤と言えば、今年の広島カープ。元気ですね。
日本一はハムか鯉か?
                 遅足

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松坂屋・伊藤次郎左衛門さん... | トップ | 朱の滲み林檎に老ひし歯茎か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む