575の会

名古屋にある575の会という俳句のグループ。
身辺のささやかな呟きなども。

漱石の妻への手紙茗荷咲く   遅足

2016-10-16 09:37:31 | Weblog
漱石の奥さんを主人公としたドラマの放送をみました。
これまで鏡子夫人は悪妻とされてきましたが、
実際は違って、なかなかの人物だったようです。
そんな新しい視点で描かれたドラマ。面白かったです。

ロンドンへ留学していた当時、漱石は鏡子さんへ手紙を。
「俺のような不人情の者でもしきりにお前が恋しい。
これだけは奇特と言ってほめてもらわねばならぬ」と漱石。
「わたしもあなたのことを恋しいと思いつづけていることは
負けないつもりです」と鏡子さんの返事。

庭に茗荷の花が咲いていました。
目立たない地味な花です。
今日から高知へ行ってきます。
  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« また一人風のたよりの訃報か... | トップ | 林檎句会の投句が集まりまし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む