575の会

名古屋にある575の会という俳句のグループ。
身辺のささやかな呟きなども。

5月句会の投句が集まりました。  遅足

2017-05-17 08:49:04 | Weblog
若葉も青葉へと移り夏に。その前に梅雨がまっていますが。
さまざまな若葉の世界が詠まれています。
どの句に若葉風は吹くのでしょうか?


題詠「若葉」

①大垣も青葉若葉の地となりぬ
②大股で太もも行けり若葉風
③旗幟納めて若葉一里塚
④柿若葉病の犬と目のあって
⑤汲む水も手もあおに染む若葉かな
⑥若葉雨一つの傘にかさなる手
⑦若葉風胸ドキドキの陽のヒカリ
⑧若葉風集団下校児頬の照り
⑨大仏の空埋めつくす若葉かな
⑩若葉風少女のつくる力瘤
⑪街路樹の若葉かぐわし朝の風
⑫若葉して口元ゆるむ阿吽(あうん)像
⑬若葉見て心離れる授業かな

自由題

①青空へなんじゃもんじゃの白き花
②裸婦の絵の乳白色や風薫る
③この人といるボクがすきヒヤシンス
④柿田川若葉に映える水を汲む
⑤はやここにニセアカシアの香の甘く
⑥心して新茶供えて詫びる罪
⑦夏めくや青い小鉢に絹豆腐
⑧母の日に下着を選ぶ年となり
⑨林檎咲く白き花弁に黄の花粉
⑩見上ぐれば塔荘厳と櫻花
⑪遠足は菓子三百円ペダル踏む
⑫迷い入る女性車まばゆき薄暑かな
⑬菖蒲湯のあふれる香り隣りまで
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« じゃがいもの花や旅信のごと... | トップ | 二度目の若葉句会    麗 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む