575の会

名古屋にある575の会という俳句のグループ。
身辺のささやかな呟きなども。

肌きれいと言われたその日万愚節   晴代

2017-04-29 15:35:05 | Weblog
正木ゆう子さんの、この句を思いだしました。

  蛍火や手首細しと掴まれし

晴代さんの句を、こんな風に読んでみました。
その人は「肌がきれですね」と言いました。
男の人でした。かなり至近距離です。
しかし・・・その日は万愚節でした。
その人とはなにもなかったようです。

あるいは、これがキッカケで相思相愛に。
それから?年後の気持ちを詠んだ句。
キレイと言ったのに、あれはウソだったの?

女性同士の会話とも詠めます。
肌がきれいですね、言ったのは女性。
美容師さんでした。
あなた、それは社交辞令でしょう。
万愚節ですよ。

皆さんはどんな文脈で読まれました? 遅足

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« むすびの地   麗 | トップ | 龍笑むや若葉の風の立ちにけ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む