程久保川の辺で

程久保川のほとりに住んで30数年、ここが私達家族の終の栖家となりました。

多摩御陵の晩秋

2017-11-23 19:52:30 | 随想

昨日デイリハビリの車で八王子の銀杏並木を見に行きました。

銀杏はすでに散りかけていていまいちでしたが、さらに立ち寄った多摩御陵の紅葉に過ぎゆく秋を堪能しました。

御陵入り口で記念撮影をして帰りました。

多摩御陵を訪れたのは、70年以上も昔小学校5年の遠足のとき以来です。

そこから高尾山登山、昔の子どもはかなりの距離を歩いたものですね。。

 

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリジナル手帳

2017-07-04 13:51:47 | 随想

 

 

 

トロット2冊目です。お気に入りの花々の競演。

今度は娘と幸子さんに上げます。

オリジナルノートにどんな話が書かれることでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竹うちわ

2017-07-04 13:46:33 | 随想

 

 

紫陽花と山野草の写真を使ってオリジナルうちわを作りました。

うちわ見ているだけで涼しいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンテナガーデン

2017-06-06 14:45:35 | 随想

 

ワードでコンテナガーデンのハガキを作りました。

とても難しかったです。

こんな作品が自由自在に作れるようになる道のりはまだ遠いです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コロコロ

2017-04-18 13:53:54 | 随想

 

テーブルに置いて手軽にお掃除できるコロコロです。紙ナプキンの3枚重ねの薄紙を剥がして薬品で貼りました。

生来不器用な私、先生の援助で素敵な一品ができました。

亡くなったFさん原稿書きに消しゴム滓を始末するのに苦労すると言っていたことを思い出し、生きていたら差し上げたいのにと、思う今日です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

折鶴(ポチ袋)

2017-03-21 13:15:20 | 随想

 

 

折鶴がついたポチ袋ができました。1枚の紙から鶴がついたポチ袋なんて驚きです。どういう方が考えたのでしょう。

このポチ袋まず誰に上げるか楽しみです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年カレンダー

2016-12-20 13:56:14 | 随想

 

 

今年もあとわずかです。

今日先生に手伝っていただいて来年のオリジナルカレンダーが出来上がりました。

なかなかの出来栄えと自画自賛しています。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリジナル手帳

2016-11-22 13:38:32 | 随想

 

 

 

フラワーアレンジの写真を使って手帳ができました。こんなことができるなんて驚きです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飴あれこれ

2016-08-15 14:30:07 | 随想

アメリカ土産に榮太棲の梅ぼ志飴を持ってきました。到着早々喉を痛め咳が止まらなかった時とても助かりました。

私の好きな飴あれこれを紹介します。(映像は添付できませんので関心ある方はインターネットで見てください)

 東京 日本橋 榮太棲本舗 梅ぼ志飴

江戸の庶民には高価だった有平糖をもっと手軽にと、ザラメとさつま芋の水あめを原料に飴を作った。指をつまんだ三角の形が梅干しに似ていると評判になり、梅ぼ志飴と名づけられました。

 和歌山 太地町 那智黒総本舗 那智黒飴

明治10年奄美諸島徳之島の厳選したさとうきびを原料に那智特産の碁石そっくりの黒飴を作った。西国33観音一番札所.青岸渡寺の土産として珍重されています。黒糖が原料なので、ビタミン.ミネラルが豊富です。

 埼玉 越生町 住吉屋 一里飴

1464年漢方医田代三喜が医療のため発案した。日本橋から品川までの一里を舐め続けられると一里飴と名づけた。ほっぺたが膨らむほどの大粒の飴。鼈甲色につやつや光っていて、口に優しいはちみつ味です。

 岐阜 郡上八幡 桜間味屋

名水「宗祇水」の入り口にあるお店。明治20年創業。ニッキ味の肉桂玉と黒砂糖が入った黒肉桂玉がある。ピリピリと辛いニッキの味が格別です。

 以上紹介した飴はいずれも創業以来の原料と製法を固くなに守り続けています。榮太棲以外東京では手軽に入手できないのが残念です。私にとってそれぞれ思い出の飴。忘れないうちにとブログ書きました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカの大学受験

2016-08-12 20:18:37 | 随想

孫娘は、大学入試全国統一テスト(民間企業.団体作成)に向けて、長い夏休みのほとんど進学塾に通って猛勉強中です。

科目は英語と数学、失敗すればもう1度受けられるそうですが、1回目のテストで良い結果を得たいと言っています。

大学願書提出には、全国統一テストの成績表.高校の内申書のほかエッセイが必要です。

内申書は、必須科目4年間の平均点の成績表と教師の推薦状が重視されます。

どんな課外活動をしたのか、それも合否決定のポイントになります。孫はもうすぐ黒帯がもらえるテコンドーと、和太鼓を頑張ってきました。

出願時に提出するエッセイは、自分をどうアッピールするかにかかっているそうです。

孫娘が狙っている私立大学のk大学は合格ラインも超難関、授業料は4年間で家1軒買えるほど高額だそですが、奨学金は所得の低い階層しか受けられないので、合格しても大変と娘は嘆いていました。

テレビアニメの”もやしもん”を見て将来の進路は生物学研究の分野と目標を早くから持っていた孫娘をまぶしく見ています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加