風と光とわたくしと

自然、植物、伝統文化、社会問題などを、写真を多く取り入れて、感じた事に光をあて風のように自由に書いてみます。

やっと芽がでました

2018年02月16日 00時11分53秒 | 自然
8日に蒔いた種からやっと芽が出てきました。

やっぱり寒さのせいで今年は日数がかかりました。

それでもまだ8種類蒔いたうちの3種類だけです。

あとはまだ寒さに震えているようです。

日中は温室なので暑いくらいですけれど、明け方の気温が問題なのです。

室内の植物も同じですよね。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ケーキまでラヴラヴだった

2018年02月13日 09時04分40秒 | 自然
息子の買い物につきあって数年ぶりに!KEAに行きました。

疲れました。

ほとんどが若いカップルとファミリーでごった返していましたが、幸いしたのはベッドや椅子のコーナーなど自由に座れるので歩いては座り、また歩いてはすわり・・・。

レストランも大繁盛で、可愛らしいハートのついたスウィーツにさっそく飛びついた孫でしたが結局ソファーはかじっただけでギヴアップでした。

以前来た時も驚きましたが空間の動線の使い方が凄い! 

そして最後まで「もう一つ買わせよう」という気持ちが溢れているように思えました。

それが商売のコツなんでしょうね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これ、タニタだった

2018年02月08日 22時38分45秒 | 自然
山梨はまだまだ寒いので千葉で種蒔きをすることになった。

昨日はトレーに土を入れて準備し、今日は播種。

一休みの時にふと見ると、40年以上前から使っている温湿度計がある。

「これも長いよな~狂いもしないで良くもつな」と思って良く見るとタニタ製だった。

デザインが気に入ってずっと部屋に掛けていたが、最近温室で使うようにしたものだった。

本当に良くもってます。

で、種蒔きは無事終了。ちと腰が痛いです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

車がかまくら状態に

2018年02月05日 22時50分06秒 | 自然
帰る予定の前日にまたまたの雪。

しかも駐車しておいた場所が悪かったのか車全体がかまくらの様になってしまい、いくら四駆でも車体のしたに雪が入り込むとダメだとわかりました。

諦めて帰るのを延期。

標高が少し高い所なのでやはり雪も多かったです。

やれやれでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日から山梨

2018年01月26日 12時38分26秒 | 自然
数十年振りと言われる寒波が来ている。

大雪に見舞われた地域の方々はさぞ大変菜思いをしていらっしゃることでしょう。

千葉ではそれほど積雪はなかったものの10数センチかな、と思われます。

寒気のせいで解けずに残っているので、日陰は滑りそうで危険です。

こんな寒さの中明日から山梨に行きます。

忘れてならない物、ネックウオーマー・手袋・温ったかブーツ・などなど、防寒対策は大切。

せっかく治ったインフルエンザが再発しては大変。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高熱でないインフルエンザ

2018年01月22日 21時41分32秒 | 自然
39度ほどしか熱も出ないけれど、咳が酷く、間接が痛くて・・・。

しかも本番前なので何とか少しだけでも練習を、と乗りこえた。

もともと痛みと熱に結構強いらしい私。しかも自己治癒力を信じて、うがいと喉スプレーで頑張ってやっと収まったころ、家人に感染。

死者が好きな彼氏は早速医者に言ったところ、院笛宇rんざだそうな。

つまりわたしのもインフルエンザだったおいう訳。

今年は高熱にならないインフルエンザも流行っているらしいのです。

完治には1週間ちょいかかりますよ。

皆さまお気をつけください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何と 樹高30メートルですと!

2018年01月17日 19時55分46秒 | 自然
またまた、やってしまいました。

身の丈に合わない買い物を。

ヒマラヤザクラという種類のサクラの野生種の一つで見られる詩が東アジアに見られる落葉性の樹木である。ヒマラヤが起源と考えられており、インドのヒマーチャル・プラデーシュから中国南西部、ビルマなどに見られる。海抜1200mから2400mの高山の森に生える。また、サクラ自体もヒマラヤ近辺が原産と考えられている。

と以上を読んでから購入すべきだったのをうっかりと。

高さ30メートルになる木を、どこに植える?? 猫の額ほどもない庭にはとってもじゃないけれど植えられないのです。

仕方ないので山梨に持っていって植える事にします。

でもヒマラヤサクラなんていいですよね。

花はこんな感じだそうです。

どうりで公園など限られた場所にあるようです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どこかで雛が鳴いている

2018年01月16日 18時50分30秒 | 自然
私のへyのすぐ近くで鳥の雛の鳴き声がします。

よくあることなのですが、たぶんシャッターボックスの上に巣をつくったのでしょうk。

シジュウカラどと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多肉植物

2018年01月14日 11時25分46秒 | 自然
昨夜たまたまテレビのスイッチをいれたところ、中国の多肉植物ブームの事をやっていました。

ご覧になったかたもおいでかも知れませんが。

それによると何と日本市場に買い付けにきて、中国に持ち帰り数倍から20倍ほどの金額で取引されるほど、日本の多肉は人気が高いのだとか。

それはまるで砂漠の宝石みたい金額ですよね。

多肉はサボテンやアロエなどと同じ仲間で、日本では昔からベンケイソウなどが目にされるものでした。

大分前に小笠原に行った時「ハカラメ」という植物の葉を持ち帰りましたが、それも同じです。

ハカラメは葉を一枚水を入れたお皿にいれておくといつの間にか葉の周りに小さな葉が出てくる、という物で、「葉から芽」という事です。

中国でのブームはもちろん私が集めているものなどより希少な種で、日本でも高価な物なのですが、それにしてもそんなボロモウケが出来る市場だとは。

それで今日は少し安い種類ですが。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマドリ

2018年01月11日 20時42分03秒 | 自然
熊の敷物があったお宅の壁に羽を広げたヤマドリが飾ってありました。

ヤマドリといえば有名な柿本人麻呂の歌に

「あしびきの山鳥の尾のしだり尾の 長々し夜をひとりかも寝む」というのがあります。

山鳥の雄の尾はとても長いので「長い」の枕詞としてつかわれてたのだそうで、この歌では「長々し夜」にかかる枕詞で、写真のようにヤマドリの尾は長くてきれいです。

昨年山で見かけた時にも尾羽の美しさに見とれて写メを撮るのも忘れてしまいました。

剥製なので色はあまり鮮やかではないのですが、実物はもっともっと美しい羽根です。

それが災いして乱獲されてしまい、野生のものは数が減ってしまっています。






こちらはネットからお借りしたもの。鮮やかな色が良くわかります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加