ゆたかの言いたい放題

正論一直線、あの国、あいつに天誅を下す。

生活の党と山本太郎となかまたち、、、が自由党へ改名だって、久々に小沢先生、、、。

2016-10-13 13:14:18 | 歴史
久々に小沢一郎大先生という政界の大御所をテレビで拝見致しました。以前と変わらず美男でおわしたのは何よりでした、、、。それにしてもあの滑舌の悪さは天性でどうしようもないというか相変わらずとお見受けしました。脳溢血で倒れその後遺症でスラスラ言葉が出てこないというニュースも聞いていないしこれは生まれつきのようですな。この男の全盛期には政界のサラブレッド、ゆくゆくは総理大臣間違いなしと謳われ飛ぶ鳥を落とす勢いだったんだが総理にならなくてよかった。原稿を読みながらもモタモタつっかえるんだから日本の恥とされるところだった。この男が総理になって国連であんな調子で演説されされたらもう日本人として恥ずかしくていたたまれないね。それともこのお方能ある鷹は爪隠すの類いの人物なんでしょうか。ところでこの度は自由党というわかりやすくもまた紛らわしい政党名への決定おめでとうございます。マザコン鳩山、ゼネコン小沢の汚名払拭すべく少々頑張ってもらいたいもんです。3,11大震災大津波の際、福島原発の放射能被害を恐れ誰よりも早く京都の山のほうにトットとお逃げになった逃げ足の速さ機敏さはさすが小沢先生、機をを見るに敏。いつかは国民の皆様に災害時の対処法をご存命のうちに教授くださること願ってます。その講演の題は現役国会議員が生々しく語る「自然災害にはこうして対処せよ」副題「自然災害逃げるが勝ち」こんなもんでどうでしょう?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瀬戸内寂聴よ気はたしかか?... | トップ | 小池都知事給与半額エライ!... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。