ゆたかの言いたい放題

正論一直線、あの国、あいつに天誅を下す。

韓国大学教授、勇気を持って慰安婦性奴隷説を否定!それどころか、、、。

2016-10-29 14:49:54 | 歴史
韓国ソウル大学教授李榮薫とかいうお方が韓国内から親日派との大大バッシングをも恐れず戦時中の慰安婦の実態実像について次のように述べている。それらからいくつかを抜粋してみることとする。まず「強制連行」や「性奴隷」説の明確な否定。電柱に慰安婦募集の張り紙をすると翌朝は応募者で長蛇の列ができたそうで敢えて強制連行などする必要なし。その経営は韓国人であった。女性達は法的許可がなければ働けず、契約期間満了時で自由に廃業ができ帰宅できた。定期的に休日も与えられその間勤務地を離れることも自由であった。ある女性の場合その当時父母の元に5,000円を送り26、000円の貯金をしていたという。ちなみに26、000円は当時の相場で家を26軒も建てられる金額だったという。今の日本では一体いくらに相当するんだろうか。安く見積もっても4~5億かな。もっとかも。また酔って傍若無人の振る舞いをする日本軍人を刺殺した慰安婦は裁判の結果無罪となった(アメリカにおいての奴隷は裁判を受ける権利はない)。ことほどさように韓国では慰安婦とは強制連行され休みもなく極力過酷に日本兵の性の相手をさせられ辞める自由もなく法的権利もなく薄給で酷使され使い捨てられた。という説を国内外に蔓延させていたがそれらはすべて韓国による捏造であった、、、。はたしてこれらを性奴隷と呼べるのか。その数20余万人とあるが多く見積もっても5000人くらいであったそうな。まともな真実を語れる歴史学者など存在しないといわれる韓国でこの李教授の勇気を褒めたい。これからも真実を語る史学者としてバッシングに負けず是非頑張って欲しいもんだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 土人と言われようがシナ人と... | トップ | 朴槿恵はパクられるか?いや... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。