井ノ口忠男の日大アメフト部の観戦に行こう!!!^^

アメリカンフットボールの観戦が好きです。アメフトの試合や各チームについて考察を書いていきますよ〜。

井ノ口忠男さんと日本大学フェニックスの魅力ある人達

2016-02-25 14:14:21 | 日記
こんにちは!井ノ口忠男さんの日本大学フェニックスについて語っていこうと思います。
アメリカンフットボールはとても魅力的だと思います。
それは1プレーごとに、作戦会議の内容が違うからです。
次はどのように攻めて来るのか分からない、というのもとても魅力的で、観戦する度面白さを感じます。
また、アメリカンフットボールの選手も様々で、2メートル以上の選手がいれば165センチの選手がいることもあります。小柄な選手は指示などを的確に出せる人が多いです。
井ノ口忠男さん率いる日本大学フェニックスでも様々な選手が存在し、観戦していて非常に面白いと思います。
サッカーや野球などでは、このような様々な選手を観る事はあまりないかと思います。
しかし、アメリカンフットボールは色々な選手がいて観ていてとても面白いです。
井ノ口忠男さんが行うアメリカンフットボールは主に頭脳競技で、相手の動きを常に予測する事が大事であるといわれています。
はたから見るとただの体のぶつかり合いに見えますが、実はとても頭を使っていて想像以上にいろいろなことを考えてプレイしています。
井ノ口忠男さんが行うアメリカンフットボールは知れば知るほど興味深い競技で、どんな方でも是非一度観戦してみてほしいです。
これからももっと多くの人にアメリカンフットボールを知って欲しいです。

この記事をはてなブックマークに追加

井ノ口忠男さんとアメリカンフットボールの説明を簡単にする

2016-02-17 14:14:29 | 日記
こんにちは!井ノ口忠男さん率いる日本大学フェニックスの情報をより皆さんに知って頂く為に情報を共有していき、井ノ口忠男さん行うアメリカンフットボールの事を広めていこうと思います。
皆さんは井ノ口忠男さん行うアメリカンフットボールの事をどのように思われる事が多いでしょうか。
野球やサッカーとは違って何処か、マイナーなスポーツと想像される人が多いかもしれません。
女性であまりスポーツに縁がない方だと野球のスポーツでも、よくルールを知らない方も多くないかと思います。
井ノ口忠男さん行うアメリカンフットボールのルール簡単に説明しますと、試合は60分で、15分ずつ区切って試合を行い、「区切り」の事はクォーターと呼んでいます。
前半と後半で陣地を変更し、アメリカンフットボールは基本的に11人の構成で戦っていきます。
井ノ口忠男さんが行うアメリカンフットボールの面白さといったら、それぞれのチームのポジションの人達が専門に行って戦っていきます。
アメリカンフットボールは前進に進んでいき、エンドゾーンに入るとポイントが入る仕組みになっています。
先ほど話した事は大雑把なルールで、この他にも細かいルールが沢山ありますが、今は省略させて頂きます。
井ノ口忠男さん率いる日本大学フェニックスはとても強いチームで、強豪校の関西学院大学とも戦った事があるそうです。
この両者が戦う試合はとても見応えがあって、多くの人が見に来るとも言われています。

この記事をはてなブックマークに追加

井ノ口忠男さんとトレーニングで体を大きくする

2016-02-08 11:42:25 | 日記
こんにちは!井ノ口忠男さんは日本大学フェニックスのコーチとして日々活動されています。
そういえば、井ノ口忠男さんの出身は追手門学院高等学校という高校でアメリカンフットボールやラグビーなども盛んに行われている学校でもでもあります。
また井ノ口忠男さん出身の追手門学院高等学校はアメリカンフットボールが非常に強いチームとしても有名で、特に関西地区では名前を知らない人がいないとも言われているほどです。
井ノ口忠男さんは幼い頃からアメリカンフットボールと親しんでいたので、とても強くなったのかも知れません。
皆さんは、井ノ口忠男さんが行うアメリカンフットボールは体格の良い人達が、集まるスポーツと思われがちでありますが、実は入部当初の選手達はそこまで体格が良いが良いわけではありません。
アメリカンフットボールのチームの方が何故あそこまで体格がよくなるのかと言いますと、日々欠かせずトレーニングをしているからです。
あと、アメリカンフットボールは攻めと守りや指示する人と様々いてそれぞれ体格が違ってきます。
入部したてのアメリカンフットボールの選手達は体が出来ていないので細い人も多いですが、試合と練習を重ねていくうちにしっかりとした体格が構築されていきます。
もっと細かく言うのであれば、体を大きくなるようなトレーニング方法を毎日するから大きくなるのです。
ただトレーニングは、あまりやり過ぎは禁物で、だいたい1日2時間から2時間半ほどがベストだと井ノ口忠男さんは言います。

この記事をはてなブックマークに追加

これからの日本大学フェニックス

2016-01-31 12:57:24 | 日記
こんにちは!日本大学フェニックス率いる井ノ口忠男さんのチームでは、4月となり主将と副将が挨拶されたので、今日はその事について詳しく書いていこうと思います。
まず、主将の挨拶から紹介していきたいと思います。
今回の日本大学フェニックス率いる井ノ口忠男さんのチームの主将は4年でLB、44 趙翔来選手が担当します。
彼の出身高校は井ノ口忠男さん率いる日本大学の附属高校、日本大学高等学校(アメリカンフットボール)出身の方だそうです。
ここの高校も井ノ口忠男さん行うアメリカンフットボールが強い高校として有名です。
意気込みとしては、今年は必ず甲子園ボウルで優勝して、私が先頭に立ってPHOENIXを引っ張っていく事が目標のようです。
また趙翔来選手は昨年、副将の経験もあり、何事にも妥協せず日々挑戦していく事が優勝への近道であることという事が分かったそうです。
このような素晴らしい選手が是非夢を叶えて欲しいです。
一方、日本大学フェニックス率いる井ノ口忠男さんのチームの副将は、4年のQB 、10 高橋遼平選手で、出身高校は大阪産業大学付属高等学校(アメリカンフットボール)出身です。
高橋遼平選手の素晴らしい部分は、井ノ口忠男さん率いる日本大学フェニックスに1年生から所属していて、とても経験があり、QBという司令塔のような立場である事が分かっているので、とても責任重大な事を任せられている事が分かっているそうです。
彼の目標も高く「学生日本一」の選手になる事が目標でこれからも日々昇進する事を目標にしているそうです。

この記事をはてなブックマークに追加

井ノ口忠男さんと背筋が伸びてしまう試合

2016-01-23 13:30:10 | 日記
こんにちは!井ノ口忠男さん行うアメリカンフットボールは観戦していて、背筋がピンと
してしまうような競技であると思います。
特に井ノ口忠男さんのチームが「甲子園ボウル」というアメリカンフットボールのイベントに参加する時など多いのですが、この時の試合は本当に緊張感があり素晴らしいものであると思います。
特に井ノ口忠男のチームが「甲子園ボウル」の試合を行う前にこにこと挨拶するのですが、
でも何処か目の表情が険しく、厳しい目つきになりがちであると言います。
確かにそれくらい「甲子園ボウル」は大事な試合でありますし、このような表情になって当然であると思います。
少し話はそれてしまいますが、2013年頃の井ノ口忠男さんのチームは、明治大学に一方的に勝つ事が出来たと言います。
当時の明治大学は少し甘目ではあったものの、井ノ口忠男さんのチームが手のつけられぬ強さを発揮した事は非常に素晴らしい事であると思います。
この明治大学と日本大学の試合はとても見応えのある試合で、特に明治大学の小形亮介選手は輝いていました。
井ノ口忠男さん率いる日本大学フェニックスは守備や攻撃をビシっと決めるような戦い方ではなくて、あまり攻めずに戦っていたと言います。
だから、なんとか勝てた試合ともいえます。
だから、秋の試合の戦い方は大きく路線を変え慎重にこの試合に臨んだと言います。
まず攻め方としては明治大学の小形亮介選手をしっかりマークし、高橋選手の威力のあるパスで、明治大学を手狭にし、前半で5TDを許し勝負を決めたそうです。

この記事をはてなブックマークに追加