ワーミング日記

ワーム等を使って瀬戸内海の波止でメバル、アジ、アオリイカ・タチウオ等を釣りあげるコツをわかりやすく伝えます。

入門ハードルアーアジング!桟橋で釣り比べ開始!

2016-12-03 03:00:00 | Weblog

入門ハードルアーアジング!桟橋で釣り比べ開始!


この記事をはてなブックマークに追加

ジップベイツ リッジ35Fで攻める、春のメバル攻略!

2016-12-02 03:00:00 | Weblog

ジップベイツ リッジ35Fで攻める、春のメバル攻略!


この記事をはてなブックマークに追加

デカアジ狙うなら上関!

2016-12-01 13:53:19 | Weblog

漁港の一番奥の船溜まりに群れるアジが爆釣!

    湾内の奥まった一角で、デカアジがわいている。

ガマカッのコブラヘッド29(0.6グラム)ジクヘッド単体にサンドワーム

を付けて、10メートル投げ、10秒で着底

   そこから、ラインテンションをかけ直引きの1秒に1回転の超スローな釣り

でデカアジがメチャクチャに釣れます。

 この釣りは超ビギナーの釣りです、何のテクニックも必要アリマセン。

 是非、あなたも挑戦してみて下さい。

この釣りは超ビギナーの釣りです、何のテクニックも必要アリマセン。

 タダ、投げるだけ、着底したら引っ張るだけ、ビギナーには最高のアジング

  是非、あなたも挑戦してみて下さい。

 

アジングの極意!

 波止や護岸でのアジ釣りといえば、サビキ仕掛けが一般的ですがルアーでも釣れます。

 しかもルアー釣りで狙うと、同じ釣り場でサビキ釣りよりひと回り大きなサイズがよく

ヒットします。

 またルアー釣りは食い渋るアジに力を発揮するようでサビキ仕掛けの釣り人に

まったくアタリのない時に隣で入れ食いになることがよくあります。

 アジのルアー釣りを始めたきっかけは、メバルをルアーで狙っている時に

良型のアジが釣れたことです。

 本命として狙えばおいしい土産がたっぷりできるはずと思ったのですがいざ狙って

みると期待したような釣果に恵まれません。

 アジが釣れないその原因は

1. 良型アジの回遊場所

2. そしてエサの捕食方法

3. 口周りの弱さにありました

 良型アジは潮通しのいい深場の海底近くを回遊しているためメバル用の軽量ジグ

ヘッドはポイントまで届きません。

 またアジはコイやフナのようにエサを吸い込み吐き出す動作を繰り返して食べるか

ら明確なアタリの出ることが少ないのです。

 たまに手に伝わるアタリもありますが、これはアジがルアーをくわえて反転した時の

もので ここで合わせても、口の横に針が掛かるため寄せる途中で口切れが多発し

ます。

 つまり良型アジを攻略するには

遠投が効き深場を探れる仕掛けとアジがルアーを吸い込んだ瞬間を逃がさず

上顎に針を掛ける超即合わせが必要だったのです。

1. 遠投が効き沈みが速い

2. 吸い込みがよくアタリも伝わりやすい

3. テンビン効果で絡み難く根掛かり藻掛かりが少ない

4. ルアーとオモリが離れているためルアーの動きが自然

 作り方は中通しナツメオモリに投げ釣り仕掛け用のカラミ防止パイプを通すだけ。

中通しナツメオモリ0.3号、0.5号、0.8号が基準

がまかつ「コブラ29」6番0.6g、流れが速い時は1g

オモリの形状が独特で、沈む途中や棒引きしたときに微妙に揺れるためアジが興味

を示す。

釣り場

釣り場は次の条件で選ぶこと。

1. 明かりがある。

2. 潮通しがいい

3. 足元から水深がある

4. 闇夜のほうが好釣果に恵まれることが多いようです。

釣り方

 トウィッチで見せフオールで食わせます。

なにか似ていませんか、そうです、アオリイカのエギングです。

 さすがにエギングほど激しくルアーを動かさないけれど理論はまったく同じ、見せる

動作と食わせる動作を完全に分けて行います。

 唯一、エギングと違うのが、必ずテンション・フオール(ラインを張りながらルアーを

沈めること)を行うこと。

 これをするのとしないでは、釣果に格段の差がつきます。

 同じタックル同じルアー隣同士の釣り座でも片方は入れ食い、もう一方はボウズと

いうことが良くあるのです。

  良型アジを攻略するには

1. 遠投が効くこと。

2. 深場を探れる仕掛けであること。

3. アジがルアーを吸い込んだ瞬間を逃がさず、上顎に針を掛けること。

   「超即合わせ」が必要である。

  ジグヘッドはガマカツ「コブラ29」6番0.6g(流れが速いときは1g)

 微妙に揺れるためアジが興味をしめす。

  ワームはピンテールタイプ1.5インチ~3インチのクリア

4. ラインはバリバスのフロロカーボン2lb

5. リールは回転ムラのないダブルハンドル。

6. シャクリで見せ、フオールで食わせる。

7. ラインを張りながらルアーを沈める。

8. カウント50秒まで沈め、この時ラインをフリーで送る。

9. 釣れる環境は夜釣り、明かりがある、潮通しが良いこと、足元から水深

  がある。

10. 小刻みに竿を2~3回しゃくる。(ルアーを見せる)

   (竿の振り幅は時計の10時から11時の間くらい)

   手首を返してフワフワとシャクルり竿を10時の位置へ戻すこと。

11. 仕掛けの重みと、潮流の抵抗を感じながら巻き取る。

12. 竿を倒しながらラインのたるみを巻き取る。

   ルアーはゆっくり漂うように沈んで行く時に、アジが襲う。

13. ラインを巻き取る時の穂先の動きに注意していると、重みが抜け穂先

   がわずかに戻るときがあります、これがアジがルアーを吸い込んだ瞬

   間です。

14. アジはリトリーブではバイトし難い傾向が強い。

15. ほとんどがフオール中心のアクションで当たりを取りに行く。

   要するに横の動きより縦の動きの方がアジの興味をそそる。

16. リーダーは50センチくらいショートバイトが多いと長めにとる。最大80

   センチくらい。

18. アクション後にテンションを掛けた場合、スプリットシンカーから先のり

   ーダー部がゆっくり沈む事がこのリグのキモであり、アジの最も好きな

   形となる。

19. アクション後に素早くハンドルを1回転巻いてスラッグを取ることがキモ

   可能な限りの軽いウエートを選択する。

20. 大潮や前後の中潮では流れが速いので海峡部では釣りは難しくなる。

   やるなら潮止まりのみ。

   こうゆう時は堤防周りや湾奥の普段は流れが出難いところへ溜まる

   傾向が強い。特性としては満潮では底へつき、干潮では浮く。

   小潮、長潮では普段流れが強くて釣りにならない場所が有利。

以上の20点がアジングの注意点です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

メバルプラッギング事情~加来匠

2016-12-01 03:00:00 | Weblog

メバルプラッギング事情~加来匠


この記事をはてなブックマークに追加

プラッギングメバル・パーフェクトマニュアル

2016-11-30 05:24:16 | Weblog

プラッギングメバル・パーフェクトマニュアル


この記事をはてなブックマークに追加