水彩画は楽しい!!

趣味で描く水彩画などを公開
IKUO MOCHIGI

「 エッヘェル 」

2017年02月28日 09時28分17秒 | 水彩画
アレクサンドル・ギュスターヴ・エッフェル(Alexandre Gustave Eiffel, 1832年12月15日 - 1923年12月27日)は、フランスの技師、構造家、建設業者。一般にはエッフェル塔を設計した人物として知られる。
他にハンガリーのペスト市終着駅、ポルトガルのドウロ川にかかるマリア・ピア橋(全長353m、中央のアーチはスパン160m、ライズ37.5mの大鉄橋であり、当時つり橋を除けば世界一の長スパン橋梁だった。)、パリのメトロ・リヨン駅、ニューヨクの自由の女神像の鉄骨組みなどの設計施工で有名だ。

エッヘェル塔に近づくと鉄の塊に凄さに圧倒される。敷地が狭いために設計された垂直に建つ「東京スカイツリー」と違い、地表から緩やかにカーブを描いてそそり立つ姿は実に美しい。

そんなエッヘェル塔の下の部分をアップして描いてみた。


#2017018
「 エッヘェル 」
”Eiffel”

透明水彩(watercolor on paper) The Langton紙 300g/㎡ F6

(completion)


左右の紅葉やエッヘェル塔を見上げる人達、自動車描いた。描いた後見渡すと上半分が何か寂しい気がして、最後にセーヌ河付近を飛ぶカモメと一直線に伸びる飛行機雲を描いて少し賑やかにしてみた。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「 エッヘェル 」

2017年02月27日 09時23分37秒 | 水彩画
アレクサンドル・ギュスターヴ・エッフェル(Alexandre Gustave Eiffel, 1832年12月15日 - 1923年12月27日)は、フランスの技師、構造家、建設業者。一般にはエッフェル塔を設計した人物として知られる。
他にハンガリーのペスト市終着駅、ポルトガルのドウロ川にかかるマリア・ピア橋(全長353m、中央のアーチはスパン160m、ライズ37.5mの大鉄橋であり、当時つり橋を除けば世界一の長スパン橋梁だった。)、パリのメトロ・リヨン駅、ニューヨクの自由の女神像の鉄骨組みなどの設計施工で有名だ。
エッヘェル塔に近づくと鉄の塊に圧倒される。敷地が狭いために設計された垂直に建つ「東京スカイツリー」と違い、地表から緩やかにカーブを描いてそそり立つ姿は実に美しい。

そんなエッヘェル塔の下の部分をアップして描いてみた。


#2017018
「 エッヘェル 」
”Eiffel”

透明水彩(watercolor on paper) The Langton紙 300g/㎡ F6

(unfinished)


鉛筆で下描き後、空・遠景・手前の芝生をファーストウォッシュ


塔の陰影を意識しながら描きこむ


遠近感を意識して遠景を描いた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「 木洩れ日の歩道 」 サン・ジェルマン大通り

2017年02月25日 09時32分03秒 | 水彩画
サン・ジェルマン・デ・プレのカフェ・デ・フローレからサン・ジェルマン大通りを少し歩いたところの風景。

#2017017
「 木洩れ日の歩道 」- パリ サン・ジェルマン大通り
”The sidewalk of the tree shadow”- Avenue Saint-Germain Paris

透明水彩(watercolor on paper)CANSON紙 30×40cm

(completion)


更に人物を重ね塗りし描きこみ、部分修整をして完成。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「 木洩れ日の歩道 」 サン・ジェルマン大通り

2017年02月24日 09時06分38秒 | 水彩画
サン・ジェルマン・デ・プレのカフェ・デ・フローレからサン・ジェルマン大通りを少し歩いたところの風景。

#2017017
「 木洩れ日の歩道 」- パリ サン・ジェルマン大通り
”The sidewalk of the tree shadow”- Avenue Saint-Germain Paris

透明水彩(watercolor on paper)CANSON紙 30×40cm

(unfinished)


鉛筆で下描き後、遠景からファーストウォッシュ


左のマロニエの並木を描きこみ、右の建物を描き始めた


ほぼ完成。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「 シャンゼリゼ 」

2017年02月23日 09時39分59秒 | 水彩画
シャンゼリゼ通りは『 パリ市内北西部の第8区を横切る約3km、幅70mの大通りである。マロニエ(マロンの木)の並木道となっていて、東はオベリスクのあるコンコルド広場から、西は凱旋門のあるシャルル・ド・ゴール広場(旧エトワール広場)まで全長約3km続き、パリの観光スポットとなっている。 』ー Wikipediaより

そんな通りのマロニエ並木の下のベンチで休む二人のパリジェンヌ(?)を描いてみた。白と黒の衣装、買い物袋と読書、デジタルとアナログが対照的だ。遊びで今話題の日常のトランプと一昔前の護衛(刑事)を控えめに入れてみた。


#2017016
「 シャンゼリゼ 」シャンゼリゼ通り
"Champs-Elysées" Avenue Champs-Elysées

透明水彩(watercolor on paper)VIFART紙 B5

(completion)


陰影に注意しながらベンチと買い物袋を描き、最後に路面の水溜りや人物を修整し完成。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加