水彩画は楽しい!!

趣味で描く水彩画などを公開
IKUO MOCHIGI

「 塩原温泉郷 1 」

2016年09月30日 09時13分20秒 | 水彩画
9月27日(火)正午過ぎ那須塩原駅に到着。ホテルの送迎バス発車まで時間があるので、駅前の「そばとうどん」の暖簾がかかった「平成」に入店とりあえずビールで乾杯。ホテルに到着、部屋は最上階の8階で眺望良好早速ベランダに出てスケッチしたのが下の絵(この時、雨はまだだった)。スケッチはそこそこに温泉・ビールを楽しむ、絵は帰ってから仕上げ再度アップするつもりだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「 ヤマゴボウ 」

2016年09月26日 20時12分17秒 | 水彩画
申し訳ない、旧作再掲

明日から3日間、絵の仲間と取材を兼ねて那須塩原へスケッチ旅(+呑み会)に行くので、その間ブログは休みます。と言ったって無断で休むことも多いこの頃だが、フェイスブックに投稿した1年前の作品をアップして茶を濁すことにした。
mochigi.ikuo@facebook.com


「ヤマゴボウは、どこにでも生えてる雑草のような草木で、毒性のある草木ということは聞いて知っていた。が、それをかみさんは何の躊躇いもなく素手でもぎってくる、毎年のことだ。そんなヤマゴボウの毒々しさを描いてみた。」


「 洋種ヤマゴボウ(インクベリー) 」

 透明水彩 FABRIANO紙 300g/㎡ F-4

unfinished


completion
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「 セビリヤ 3 」

2016年09月24日 09時55分33秒 | 水彩画
セビリヤ風景の3作目は、スペイン広場の近くにある旧タバコ工場へ行く途中にあるプラタナス並木の風景。
その旧タバコ工場は18世紀の建造物で、メリメ作の「カルメン」の舞台になった場所で知られている。カルメンは女工として、そしてカルメンに想いを寄せるホセは衛兵として共にこの工場に勤めていた。現在はセビリヤ大学の法学部の校舎となっているが、外観の彫刻など当時の面影が残っていて、ここも絵にしておきたい場所なので今後いつかは描くつもりだ。


#2016064
「 セビルヤ 3 」- スペイン

”Sevilla 3 」- Spain
透明水彩 FABRIANO紙 300g/㎡ F4
watercolor on paper 34cm×24cm


プラタナス並木を描いてから、人物の陰影を描いた。そして歩道の隅に溜まった枯葉など描き、全体の調子をみながら部分修整して完成とした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「 セビリヤ 3 」

2016年09月23日 09時18分03秒 | 水彩画
セビリヤ風景の3作目は、スペイン広場の近くにある旧タバコ工場へ行く途中にあるプラタナス並木の風景。その旧タバコ工場は18世紀の建造物で、メリメ作の「カルメン」の舞台になった場所で知られている。カルメンは女工として、そしてカルメンに想いを寄せるホセは衛兵として共にこの工場に勤めていた。現在はセビリヤ大学の法学部になっている

#2016064
「 セビルヤ 3 」- スペイン

”Sevilla 3 」- Spain
透明水彩 FABRIANO紙 300g/㎡ F4
watercolor on paper 34cm×24cm


鉛筆で下描き後、空・背景の暗がり・スペイン広場の建造物・路面の順でファーストウォッシュ。



スペイン広場の建造物を描きこみ、路面を重ね塗り。



ラタナスの描き始め。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「 セビリヤ 2 」

2016年09月22日 08時46分26秒 | 水彩画
セビリヤ風景の2作目は、スペイン広場で観光客を待つ馬車の列を描いた。逆光なので円型建物の詳細はほとんどが暗がりになっていて判別つかず、回廊などのデティールをかなり省くことができて楽だった。

#2016063
「 セビリヤ 2 」- スペイン

"Sevilla 2 ”-Spain
透明水彩 White WATSON紙 300g/㎡ F4(変形)
watercolor on paper 34cm×20cm


completion
コメント
この記事をはてなブックマークに追加