水彩画は楽しい!!

趣味で描く水彩画などを公開
IKUO MOCHIGI

「 塩原温泉紀行 9 清琴楼 」

2016年10月19日 09時48分06秒 | 水彩画
塩原温泉紀行シリーズ2作目の投稿は、ホテルから箒川を少し下ったところから見た箒川に架かる吊り橋とそのそばの旅館のある風景だった。帰ってからホテルで配布されてる観光案内のプリント物を見ると、『ご存知「金色夜叉」の中には、塩原で遊ぶ間貫一が描かれている。尾崎紅葉が滞在したところは佐野屋という名だったが、作品の中で清琴楼という名で書かれていたため没後改名したとか。』とある。そんなことを知らずに描いていたんだと思い、再度「清琴楼」をメインにズームアップして描いてみた。

箒川に架かる吊り橋の麓に青銅色の屋根の旅館「清琴楼」、山奥には西那須野と会津西街道を結ぶ国道400号線。川・歩道・橋・建物・国道のラインが絵を横切りなんとなく心地いいリズムだ。




#2016073
「 塩原温泉紀行 9 清琴楼 」ー 栃木県

透明水彩 VIFART紙 242g/㎡ F4


completion
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「 塩原温泉紀行 9 清琴... | トップ | 「 塩原温泉紀行 」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL