山上俊夫・日本と世界あちこち

大阪・日本・世界をきままに横断、食べもの・教育・文化・政治・歴史をふらふら渡りあるく・・・

トランプでヘイト犯罪つづく

2016年11月20日 08時54分32秒 | Weblog
トランプが口汚く人種差別発言をくりかえしながら、それでも当選したことで、いまアメリカでは、ヘイトクライム(憎悪による犯罪)や少数民族・少数者への差別が続発している。人権擁護の先頭に立つべき人間が、逆の行動をする。縛りが解き放たれて、醜い世の中になる。
 日本でも、安倍・稲田らの慰安婦攻撃が、ヘイトスピーチの大合唱を引き出した。大阪では橋下の口汚い弱者攻撃が、生活保護への公然とした攻撃の扉を開いた。生活保護受給者への妬みは以前からあったが、それはひそひそ話であって、大声でいうことをためらわせる良識があった。政治のトップがののしる政治を始めたことで、平然と差別的発言がまかり通るようになった。気分が悪くなる風景が日常化した。
 良識を積み上げるのに時間がかかるが、破壊は一瞬だ。でも、人権への攻撃に負けてはいけない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とにかく戦争法実施したい、... | トップ | 安倍のトランプ詣で ちょう... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL