山上俊夫・日本と世界あちこち

大阪・日本・世界をきままに横断、食べもの・教育・文化・政治・歴史をふらふら渡りあるく・・・

自主避難者が帰れないのは本人の責任だと言い放つ今村雅弘復興大臣

2017年04月05日 17時01分58秒 | Weblog
 今村雅弘復興大臣が、いまも福島から自主避難して、故郷に帰れない人に対して「本人の責任でしょう」、「(不服なら)裁判でもなんでもやればいい」と言い放った。被爆の心配からやむなく自主避難している人は3万人いる。国は避難先の住宅の無償提供を3月末で打ち切った。
 記者が 帰れない自主避難者について国が責任を取るべきではないかといったのに対して、今村大臣が先の暴言をはいた。さらに「無礼だ」「出ていけ」「うるさい」などといいつづけた。こんな復興大臣は即刻罷免すべきだ。
 放射能におびえ、生活の目処もたたずに苦しんでいる避難者に、自己責任だというのが安倍内閣の態度だ。国民も安倍内閣に対する幻想を捨てるべきだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教育勅語を教材として用いる... | トップ | 日本の新聞が重要視しない「... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL