山上俊夫・日本と世界あちこち

大阪・日本・世界をきままに横断、食べもの・教育・文化・政治・歴史をふらふら渡りあるく・・・

飛行自粛を取り下げ、アメリカにものも言えない安倍内閣

2017年08月13日 11時38分35秒 | Weblog
 8月12日(2017)、沖縄で「辺野古新基地をつくらせないオール沖縄会議」の主催で県民大会が開かれ、4万5千人が集まった。そこでオーストラリア沖でのオスプレイ墜落に抗議する特別決議が採択された。今月5日の事故で、昨年末の名護市の海岸での墜落(政府は不時着水と強弁)につづいて半年余りで2度の重大事故だ。
 安倍内閣は飛行自粛をアメリカに要請していたのに、なんと6日で取り下げた。翁長知事は集会で「米軍が運用上必要といえばすぐ引き下がる。これでは日本の独立は神話であるといわざるをえない」と政府を厳しく批判した。日本の独立は神話とは最も厳しい批判だ。無理を通す相手には、すすんで道理をひっこめる。植民地根性丸出しだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初めての台湾、故宮博物院は... | トップ | 天皇の「深い反省」と、安倍... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL