SOS.TV.JAPAN

ひまわりさんの日々の信仰日記と再臨信仰のエッセンスについてご紹介しています

助け主聖霊 第19回

2016年09月19日 | 日記

4「あなたがたは、こうして神の霊を知るのである。すなわち、イエス・キリストが肉体をとってこられたことを告白する霊は、すべて神から出ているものであり、イエスを告白しない霊は、すべて神から出ているものではない」(ヨハネ4:2,3)。

 キリストがこの地に、私たちのような肉体で来られ、試練と苦しみの中で勝利されたように、本当のクリスチャンも、キリストの模範に習って、罪と試練に勝利することが出来るという信仰が、聖霊を見分ける重要な基準となります。聖霊の賜物を体験するクリスチャンは、当然、罪と誘惑に勝利する生涯を生きるようになり、そのような教えを信じて受け入れる必要があります。聖なる生涯を生きるクリスチャンに、聖なる天の贈り物が注がれるようになります。

 5「獣とその像とを拝む者、また、だれでもその名の刻印を受けている者は、昼も夜も休みが得られない。ここに、神の戒めを守り、イエスを信じる信仰を持ちつづける聖徒の忍耐がある」(黙示録14:11,12)。

 使徒ヨハネも、やはりイザヤが述べた霊の見分け方に同意しています。最後の時代に、獣の刻印を受けることなく、忍耐して苦難を通過する真のクリスチャンについて啓示を見せられた使徒ヨハネは、彼らの身分を「神のいましめを守り、イエスの信仰(欽定訳)を持ちつづける」(黙示録14:12)者たちとしています。つまり、最後の時代に「神の戒めを守り、イエスの信仰を持ちつづける」かどうかが霊を見分ける明確な基準になります。

 従って、すべての奇跡と賜物を、無条件に神様の霊の賜物だと見てはいけないということです。この質問に対して、聖書がはっきりと答えています。聖書がクリスチャンに送るアドバイスは、すべての奇跡と賜物を神様のみ言葉で試し、判断しなさいということです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 助け主聖霊 第18回 | トップ | 助け主聖霊 第20回 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。