SOS.TV.JAPAN

ひまわりさんの日々の信仰日記と再臨信仰のエッセンスについてご紹介しています

心を燃やす聖書の預言 第19回 ソン・ケムン  

2017年04月25日 | 日記

イエス様は預言された戸籍を持ち、33年を過ごし、AD 31年1月14日午後3時に十字架上で亡くなられます。その中で 骨を折られなかった人は誰でしょうか?

まさに旧約に預言されたメシヤに間違いありません。ラザロの蘇りを見ても信じなかった弟子たちが、救い主に関する預言の聖書研究を終えた後、世界を揺り動かす確信で満たされました。

「主よ! これほど 明確な真理のゆえに、私たちは主のために生き、主のために死にます!」

 こうして彼らが携えた福音は全世界に伝えられ、その福音が今日を生きる私たちにまで及んだのです。 神様は約束を果たされました! 

 皆さん、イエス様がこの地に来られたことが 、皆さんにどのような意味を持つでしょうか? 神様の御子が十字架にかかり、その体は鞭で裂けました。祝福を与えるために広げられた手に釘が打たれ、一人でも多く救いたいと歩き続けられた足も釘づけにされ、その高貴な頭にはいばらの冠が刺されました。

怒り狂う波を静め、海を歩き、悪霊を追い出し 病をいやし、盲人の目を開いて、死者を生き返らせたその方が、ご自身を燔祭として十字架の上に捧げられました。

 なぜでしょうか?

いったいなぜそれほどの犠牲を払われたのでしょうか?  

神様が人になって死なれるなんて! なぜでしょうか?

たった一つの答えは、愛です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  心を燃やす聖書の預言 第1... | トップ | 心を燃やす聖書の預言 第19... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。