SOS.TV.JAPAN

ひまわりさんの日々の信仰日記と再臨信仰のエッセンスについてご紹介しています

聖書が教える健康法 第32回

2016年12月31日 | 日記

4.十字架が汚れた動物を食べてもよいものに変更したのか?

 あるクリスチャンはこう言います。「清い動物と汚れた動物を区別することは、出エジプト以後のユダヤ人のために与えられた律法であって、十字架によって廃止されたのではないですか?」。そのような見解は、決して聖書から導き出されるものではありません!すべての動物は創造の時からすでに清いものと汚れたものが区別されており、その区分は今まで変わったことはありません。植物が創造の時から、花と野菜が区別されていたように、動物の区別は、地球上にユダヤ人が形成される前から存在しました。私たちも知っているように、ノアはユダヤ人ではありませんでした。しかし、彼は清い獣と清くない獣の区別を知っていました。なぜなら、彼が箱舟の中に動物を集めた時、清い動物は7匹ずつ、汚れた動物は2匹ずつ受け入れたからです(創世記7:2,3)。

 イエス様が豚を清い生き物にするために、十字架で亡くなられたのではありません。イエス様は、私たちの罪によって亡くなられたのです。キリストの死は、聖書にある健康の法則に何の影響も与えていません。むしろ、聖書は健康の法則を犯す人たちは、イエス様が来臨される時、滅亡すると語っています。みなさんは、ユダヤ人とそれ以外の人々の間に、何か身体的、生理的な違いがあると思いますか?何の違いもありません。ですから、健康の原則はユダヤ人だけのものではなく、人類共通のものであって、十字架によって健康の原則が変更されなければならない理由は何一つないのです。聖書に記録されている飲食物に関する健康原則は、すべての時代の人々に常に適用できる偉大な法則なのです。

 もちろん、聖書には廃された律法があることも教えられています。聖書はそれを「儀式の律法(礼典律)」と呼びます。すべての祭司制度の本体であられるイエス様が、十字架で亡くなられた瞬間、これ以上羊を捕まえて殺す象徴(影)としての祭司儀式は必要なくなったのです。しかし十字架が、豚を食べることができる肉として変更したのではありません。十字架はユダヤ人たちの祭司制度である儀式律法を廃したのです。しかも、豚肉が食用に適さないものであることは、科学的な立場からも証明されています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖書が教える健康法 第31回 | トップ | 聖書が教える健康法 第33回 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。