刀鍛冶 ・ 【刀匠正宗 二十四代孫綱廣】

2017-01-04 00:00:00 | 鎌倉

日本男児なら、少なからず日本刀に興味をお持ちの方も多いものと思います。然し近年では何の世界にも女性の進出が目覚しく、日本刀の美しさに興味を持つ刀女子も増えているとか。
本日は、其の刀鍛冶の画像です。
鎌倉時代末期に、刀と云えば『五郎入道正宗』が刀工の代名詞と云われた程の刀匠が居たとの事です。其れより数え、現在でも鎌倉で山村綱廣氏が『刀匠正宗 二十四代孫綱廣』とし、刀鍛冶の工場『正宗工芸美術製作所』を営んでいます。近年では刀剣の他、包丁・鋏・小刀等も製作との事です。

玉鋼を槌により、鍛錬の様子です。

御成町に構える、『正宗工芸美術製作所』です。

敷地には、刀の神様『相槌稲荷』も祀られています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニシオジロビタキでブログ初め | トップ | ナベヅル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鎌倉」カテゴリの最新記事