第二次パープル問題

<15代目フーシェ>が管理人のハンネです 

終わらない夢の中の無限教室(読み切り)

2017年05月13日 | 日記
『この大空に翼広げて、飛んでいきたいよ』

おや?ぼうっとしていた。学校の教室のようだ。
ボク『おい!そこの女子、いま何月何日だ。』
女子『4月25日だけど、どうしたの?』
この女子は、どこかで見たことがある。
ボク『ボクらは3年だよな、他の顔の見えないやつらは修学旅行か?』そいつらが事情を知ってるかもしれない。なにせ、これは夢の中の世界なのだから、ボクこと八丈はじめは、現在26歳、ここ最近、2年ぐらい同じ夢を見ている。夢の中では高校生、夢の中では、なかなか卒業できないのだ。今回の夢はいいところまできた、夢に現れる人は修学旅行に参加していない人、夢に現れない人で修学旅行に行ってたやつが犯人だろう。※作者は中学は京都府、高校は沖縄県に参加してます
※これは実話を基にしたフィクション小節です。終わらない学園生活とか、無限教室、停止教室って、最近のラノベや漫画のおはこですよね。私は夢の中では、いつも高校生で、なかなか卒業できません。*いま、私が見ている悪夢をうまいことまとめれば、いい作品が書けそうな気がするんですよね。転んでもただでは起きない<七転び八起きの精神で>ウツ要素が強いけど
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンチ自民党、第二回オフ会... | トップ | アンチ自民党 第4回オフ会... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。