戦争は政治である

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

石原一家の弁護で頭が一杯の悲劇

2017-03-04 14:43:58 | 日記
データを無視した科学で決定を下すことこそこれぞ国辱だ。現状は風評ではない。測定値での判断だ。今日の豊洲の迷走は小池知事にあると宣う石原氏に対する当時の部下たちの発言、また市場関係者の声を聞け。自分は形式上責任はあったと思うと言う。ただ判断できる知見を持ち合わせていなかった。知見を持ち合わせていなければ真面目に毎日知事室で学ばれば良いではないか。物書きと人の受け売りこれで知事と言えるのか。親子して小池氏に敗北した執念で、盲目になり、恥を意識しない一老人、自分の不備だったところを掘り起こしせめてもの土産が見つかれば、坐して死すより足跡だけは残る。自分では判断つかぬ今、誰もこの老人を善導できる人がいないのが哀れである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つかさつかさに任せれば己は... | トップ | 何時死んでもいい生き方に徹せよ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL