戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

民心を攪乱するだけの政治批判

2017-10-01 10:18:41 | 軍事と政治
人間絶えず変化を繰り返す。過去に「こう言った」が一生ついて回る
ものだろうか。共産党員から自民党員に変わった人もいる。不満で
新党に走った人もいる。小池百合子氏も政治の世界に身を投じて以
来、教えられたことは多多あったことだろう。風見鳥と評された政
治家で総理になった人もいる。固定観念で総てを律する訳には行か
無い。私個人でも、ここらでお灸を据えたい気持ちで支持政党を変
え投票を繰り返した浮動票の人間である。大きなことが言いたいな
ら自ら確信ある政党から立候補すべきだ。個人で吠えても何の得く
もない。私自身は今現在の政治を如何に見ていたか自己研鑽資料と
して、グログと言う利便性を利用して老人の頭の活性化を目論む。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 選挙絡みの論調の整理 | トップ | 党首の品格、決断力で勝負は... »

コメントを投稿